“「SDGs」について、知ろう。一緒に学ぼう。”

 中学1年に対して、“「SDGs」について、知ろう。一緒に学ぼう。”をテーマにして、校長「特別授業」行われました。
 校長のスーツの襟元についている、カラフルなパーツからなるバッジは「何色ありますか?」から始まり、17色が17のゴールを意味し、その17のゴールを更に細分化して、169のターゲットを具体的な達成基準とすることを知りました。
 地球上で様々な危機が顕在化していること、そのために2015年9月に国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されたこと、サステナビリティを意識することの大切さ、そしてだれ一人として取り残されないよりよい社会をつくることの意義を学びました。生徒たちは普段の教科の勉強とは違った雰囲気の中で、地球に住む一人の人間として、よりよい社会のために、自分に何ができるかを真剣に考えていました。

 本校では、2021年度中学入試で従来の教科試験に加えて、新型入試として「問題解決型入試」を導入します。「SDGsや社会問題に対して、自分の解決策を示すタイプ・ビブリオバトル版自分の好きな本を推薦して語るタイプなど」です。

 興味、関心、そして自信のある皆さんの挑戦をお待ちしています。(詳細はお問い合わせください)

一覧へ戻る