中学校

  • 補習を中心に行っています。

    中学校は講習というより補習を中心に行っています。補習内容は必ず休業中の宿題が5教科を中心に出題されるため、その関連内容や休業後の学力テスト対策が行われています。また、チューター指導日には質問対応などを行っています。

  • アクティブラーニングを多く採り入れています。

    これから必要とされる思考力や判断力、表現力をバランスよく育成するため、アクティブラーニングを多く採り入れています。行事と絡めたり、教科横断型で行われたりすることもあり、生徒の能動的な学習姿勢の確立をめざします。また、生徒全員がタブレット端末を持ち、学校生活で活用しています。自学で用いたり、授業での協働学習、学校生活の管理などに活用し、ICTスキルの向上も図っています。

  • 様々な施設が新しくなりました。

    図書室『Forest』、食堂『桜Café』の他にも、一人ひとりが集中して学習できる自習室が新設。また、全面人工芝になった校庭、ダンススタジオやプールも新しくなりました。

  • IDカードや校門、正面玄関での不審者進入対策などがあります。

    中学生も登下校時の携帯電話所持(防犯ブザーも配布)を認めています。また、一人ひとりにIDカード(身分証明書機能付き)を持たせ、校門、正面玄関での不審者進入対策を行っております。また、各自のロッカーで防災用のパーソナル備蓄「マイバック」も行っています。

高等学校

  • 進路変更などやむを得ない理由がある場合には認めています。

    原則は入学前のコース選択を守っていただきます。ただ、1年時のカリキュラムを各コースほぼ共通となるように設定していることから、2年時進級の際に、進路変更などやむを得ない理由がある場合には認めています。

  • 実施しています。

    夏季休業中は2ターム、冬季・春季休業中は1タームの講習を実施しています。教科は英数国理社の5科で行っています。全科目とも教材費以外は無料です。高校2・3年生が中心ですが、オープン参加の講習科目もあり、高1で積極的にチャレンジしている生徒もいます。

  • 英語における4技能対応プログラムを充実させています。

    各授業におけるアクティブラーニングの工夫、留学や英検対策・国際理解教育など英語における4技能対応プログラムを充実させています。また、生徒が主体的にスキルアップを図ったり、学習状況を把握したりするため、タブレット使用のポートフォリオを行っています。

  • 授業や学校生活の様々な場面でタブレットを利用しています。

    一人ひとりにタブレットを貸与し、調べ学習・授業でのやりとりや、アンケート調査などで活用しています。また各フロアーには電子黒板も設置しています。板書だけではなく、映像や音声により授業内容の深い理解を促すために利用されています。

  • 「桜カフェ」が利用できます。

    今年度リニューアルした食堂「桜カフェ」を利用して食事ができます。ランチとカレー、麺類が日替わりで準備されています。リーズナブルで美味しいと在校生に好評です。

  • 安全面に十分注意することを前提に許可しています。

    自転車保険に加入し、安全面に十分注意することを前提に許可しています。駐輪許可のシールを自転車に貼り、学内の駐輪場に止めることができます。