この4月本校に着任した新人教諭が中学生とオンラインでコミュニケーションをとっています。 この4月本校に着任した新人教諭が中学生とオンラインでコミュニケーションをとっています。

久しぶりのブログ更新です。皆さんごきげんよう。ついに「自宅学習」が日常になってしまったこの数カ月、今回のブログは5月の「オンラインホームルーム」や入学認証、そして「オンライン授業」について話題にします。
 中学2・3年そして高校2・3年にはi一昨年度からタブレットを配布して、授業等で活用していましたが、新入生(中1・高1)は、4月中の学習課題を取りに来てもらった、たった1日だけの登校で現在までの休校に突入なので、(しかも外国製造のタブレットは間に合わず)それぞれの家庭のwifi環境やパソコンを使える個別の状況などの調査・確認を経て、なんとかGW(ゴールデンウイーク)明けからの取組にこぎつけることができました。
 5月7日より、各学級での毎朝の出席確認・簡単な諸連絡(本校では朝礼と呼んでいます)を行うとこから始まり、5月11日には(入学式が延期状態ですので)「せめて”入学認証”だけは・・」ということで今年度の入学式の一部をオンラインで行いました。(入学認証とは、入学式で行う担任が一人ひとりの名前を呼び、校長が『入学を許可します』と)宣言すること)学校によっては、通常の“時間割”通りで1日フルタイムの授業をしているところもあると聞きますが、この“長期休校”は、学校文化の(もちろん通信制の学校もありますが)“異常な”状態ですので生徒の様々なストレス生活を考えれば、1日でフルの時間割というのはあまり望ましいものではないと思います。本校では午前中に3教科を実施しています。体育の授業は、室内でできる”ストレッチ体操”や筋力トレーニング等を、さながらプロサッカー選手やヨガ講師がやるように、ビデオ撮りをして発信をしています。トレーニングジムがやっているようでなかなかのものです。
 私は、本校教員の授業を頻繁に参観することができずにいましたが、このオンライン授業によって、逆に校長室から手軽?に(自分自身の作業をしながら・・失礼)参観することができます。学校の“教室”では、うしろの扉から入るので生徒たちの表情を見ながら授業の進捗を見ることができませんが、「オンラインの授業」ですと、それぞれの生徒の真剣な表情が見て取れます。より集中できている様子は、画面を通して感じます。生徒たちにとっても、生活し慣れている“自宅(自室)”で、しかも周りに”他人”がいないので教師が質問をすると答えやすいようです。
 質問といえば、新入生とは休校期間中にオンラインのLHR(ロングホームルーム)を行い、自己紹介をしあったうえで、担任との個人面談を実施していました。担任・生徒の双方からの質問など、やはりリアルにあって相談(質問)する以上に、より密なコミュニケーションをとることができているようです。オリエンテーションや教育相談の手法を教員の側がよりスキルアップして身に付けるチャンスにもなっています。
タブレットやパソコンは、デジタル時代における学校文化の必須アイテムなのでしょう。“黒板にチョーク”の時代はとうの昔に去りましたが、その時代に育ち、教えてきた私にとってはノスタルジックに思うことさえも許されないようです。「ミュート」「プライベート設定」「チャット機能」等々遅ればせながら学んで、教職員で行う「ミーティング(職員会議)」にも役立てています。
 東京ではもう少しの週間、緊急事態宣言の解除はなさそうですし、流行の第2波の怖さも切実に感じるところです。まだ、中学1年生はPW(パスワード)を打ち込むことさえ、きちんとできない生徒もいるかもしれない・・。大文字と小文字の区別はたぶん小学校では習いませんもの・・・。パソコン(タブレット)を1人1台もてなければ、あらゆる面でご家庭でのご協力無くしては「オンライン」での取組も中途半端に終わってしまいます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 追伸:先日お二人の方から「校長ブログ・・・大変楽しく読ませてもらっています。今までの全部読みました。」との言葉を直接いただきました。「申し訳ありません・・こんな長ったらしい文章にお付き合いいただき・・ありがとうございます」と応えましたが・・本当に恐縮します。恥ずかしながらですが・・丁寧にお読みいただくと「なるほど・・」と思っていただける内容も一応入れているつもりなのですが・・!

今年度からバスケットボール部を立ち上げ(再開し)ます。過去に活発に活動していましたが、しばらく休部状態でした。 今年度からバスケットボール部を立ち上げ(再開し)ます。過去に活発に活動していましたが、しばらく休部状態でした。

私(校長)「何やっているンだ、今、休校中だろ!なぜこんなに大勢生徒が来ているのだ!」体育教師「校長先生!すみません。でも体育祭が近いもので・・しょうがなくて生 徒に来させてリレーの練習をしているのです・・」私「え~?コロナの関係で“体育祭” は中止にしたはずだよ、先生」教師「すみませんでした・・でも・・」数日前、私はこのような夢を見ました。生徒の中には男子もいたので、公立中のころのシーンが交錯したようです。体育の先生は、ずいぶん前に勤めていた学校の、教諭時代に一緒に頑張っていたバスケ部の女性顧問の先生でした。この夢で眠りから覚めてしまい・・悶々として朝を迎えました。

皆さんごきげんよう。3月最初からの“休校”が続き、さらなる延長?と予想される中です。そこで、在校の保護者や生徒の皆さんには今後の教育活動について、5月1日までにお示ししますので確認してください。皆さんの健康と生命を第一に考える一方、一日も早い学校再開をめざしながら、オンライン授業を含めた休校中の取組についてお知らせしますね。・・・冒頭の“夢”、校長の私としては“夢”でよかったのですが、生徒にとってもこの体育教師にとってもあながちあり得ない話ではないくらいに“ストレス”が 溜まっている日々を送っているのでしょう。(でも、本校の体育祭は秋です。念のため)その思いも理解しながらも、皆さん・・・「スティホーム」をよろ しくお願いします。(何回も言いますが、)「頑張ったから記録が伸びた」というように、 “結果が表れた”という実感がわかないこの“頑張り”をいつまで続けるのか?生徒の皆さん によってはもう限界の「スティホーム」ですよね。本当にそう思います。 しかし、私としても変化のない1日の繰り返しの中で、皆さんに「新学期からの学校 生活の意欲を失わないようにして欲しい」そのような思いを少しでも伝えられる“ネタ” はないかといろいろと考えています。・・・今度は(夢ではなく)ラジオを視聴した時の話をきっかけとしたエピソードです。日曜日の早朝、某ラジオ局で※相川圭子さんという方の番組での「ライバルの存在」という話にとても興味をもちました。何かの競技や競争をする際、ライバルを意識するこ とがよりよい記録や勝利につながる、という内容です。それはそうですね。しかし、相川さんは、 「相手を敵に思ったり、自分だけが勝てばよいという思いになるような教え方をするのは良くない教え方。敵ではなく、相手のおかげで自分が成長できたという思いにさせる教育が必 要だ」と優しい言葉で力強くおっしゃっていました。その言葉から私がイメージしたのは、この4月、中学部に入学した生徒たちのことです。本校のテニス部は強化クラブとしてより充実した活動を促したいクラブです。昨年度、地元のテニスクラブに通っていた“児童” が学校見学に来てくれました。その際、本校のグラウンドにあるテニスコート(2面)をとても気に入って受験してくれたのです。学校説明会の2回目以降では自分のラケットをもってきて練習にも参加、小学生同士で激しいストロークを展開していました。私は遠く 校舎の2階からそのシーンを眺めながら「まるで高校生が真剣勝負しているみたい」と感じたくらいでした。この生徒たちが、早く本校の生徒、中学生としてバリバリ活躍してほ しい。お互いが“よきライバル”として意欲的な学校生活を送ってほしい、改めてそのよ うな思いをもちました。昨年度のように、コートで打ち合っている姿を早く見たい、切に 願っています。 強化クラブといえば、高校バレー部も昨年度まで一生懸命頑張ってきました。昨年11月の新人戦で、 (けが人等がでたことで)試合のできる最少人数で予選を戦い、本戦一歩手 前まで進みました。この4月、関東大会・インターハイをめざせる選手たちが入学してくれました。身長が低くても、 “拾いまくる”バレーをして、観戦している方々さえも味方に引 き入れられるような本校らしく健気に頑張りきれる生徒たちです。一日も早く、広い体育館で“先輩” たちと元気な声を出して動き回ってほしい。対戦相手をライバルとする前にお互いがライバルとして切磋琢磨してほしい・・・。心からそう願います。ちなみに・・本校では、上 記クラブの他にスポーツ系には、ダンス部(強化クラブ=ジャズ部門全国大会連続出場)や水泳部(強化クラブ=オールシーズン使用可のプール)、弓 道部・バドミントン部なども頑張っています。長く休部状態でしたが、本年度から“待望”のバスケットボール部が再開することになりました。文化部も合唱部や管弦楽部を始め元気に活動しています。これらの部活動は、また別の機会に様々な特徴を紹介します。そして学校を再開しましたらオープンスクールや学校説明会で、受験生の皆さんに積極的にアピールしていきたいと思います。

※相川圭子:インドの協会からヨガと瞑想の最高指導者の称号を授与された方。インド政 府公認、瞑想の最高のステージに達した世界で2人のみのヒマラヤ大聖者 ヨグマタ(ヨガ の母)

2020年1月21日(火)M新聞 朝刊 しわがありますが、見出しは読めますね 2020年1月21日(火)M新聞 朝刊 しわがありますが、見出しは読めますね

皆さんごきげんよう。本日4月22日、午前中は抜けるような青空で、グラウンドの「花水木」がとても映えていました。先週このブログでは「エッセンシャルワーカー」を取り上げました。読んでくださいましたか?(長々しい文章で飽きてしまいますね)相変わらず緊急事態宣言下での休校の継続となっていますが、本日、ブログを更新したいと思います。
 実は、今年度は土曜日に私(校長)が高校3年生の選択講座を設ける予定でした。テーマは「SDG’Sと新聞活用」です。もちろん休校になっていなければ、もう2時間ほど授業をしていることになるのですが・・・。その授業の内容はさておき、表題の通り「新聞」を使った授業をするわけで、そのために昨年度3学期1月ころから学校でとっている「新聞」をためていました。校長室にあるその“たば”をたまたま見ると、何と右の写真にあるような記事でした。見出しは「新型肺炎 ヒトからヒト 確認 中国死者3人 感染200人超」・・・日付を見ると、令和2年1月21日(火)となっていました。・・・
 ちょうど3か月前、3か月後のこの状況(全世界で感染者250万人超 死者17万人)をさすがにこの記事では想像などできません。この後、“屋形船”や“クルーズ船”などが話題になって「え~、日本も大丈夫?」などと思っていたこと、そして芸能界の方や有名な方が感染したりいのちを落としたり・・とずいぶん昔のように思いますが、たった3か月間に日本さえも、東京さえも・・・大変な事態になってしまったのですね。この記事を見て、“感染症”というのは本当に怖い、と改めて思いました。恐ろしいですね。そう、これだけ世界がネットワークでつながっているマイナスの証ですね。
 さて、我々教員も、時差出勤したり在宅勤務ということで外出自粛をしているわけですが、交代で出勤しながら、皆さんの家庭での学習ぶりや生活ぶりを電話等で確認をしています。生徒の皆さんは、本当につらいですね。(“ガンバル”ということは、ついつい長い距離を走ったり、ねじり鉢巻きで苦手なものを克服するといったときに使いますが、)家でじっとしていることを“ガンバル”ということは、本当にイメージできないほどむずかしい。でも、少なくとも午前中に各教科の課題をこなし昼食を自分で用意するくらいの“ルーティン(習慣)は中高生であれば身に付けておいてよいと思います。くれぐれも、やりたい放題でゲームに没頭したり、友達との無制限のLINEのやりとりで一日が終わってしまわないようにお願いしますね。特に、高校3年生は、次のステージ(大学等)に向かって、たぶん「自学自習」に余念がないと思います。早く学校を再開して・・・と思いますが、こればかりは私学とはいえ独自に判断して・・というわけにはいきません。休校中の皆さんの頑張りぶりをパソコン上で確認するように、今準備しています。
 もう一つ・・・。外出の自粛の要請とはいえ、立場上の万やむを得ない外出として私はほとんど毎日学校に来ています。電車に乗る際も“つり革”は一切触りませんし、手すり等も使いません。エスカレーターに乗る際もベルトは触りません。(そもそもエスカレーターは載らない)触らないように意識しないと自然と触ってしまいます。何回、どこを触ったか、と帰宅した時憶えているくらいにしないといけません。もちろん、マスクは家に着くまで外さない。そして手洗い・うがい・・、ソーシャルディスタンシング、朝夕の体温測定(私の場合、加えて血圧測定)。一応できることは徹底してやっているつもりですが、まだまだ注意深くしないといけないと思っています。皆さん、ぜひ参考に・・。
 余談・・毎朝そして夕方、街にランナーが多くなりましたね。できれば全員がマスクをして走ってほしい。それにしても・・吉祥寺界隈の“外出者”の多いこと、先日の日曜日は本当にすごかった。(私はもちろん人混みにはいなかったです)