体育祭、恒例「中学生のソーラン節」 体育祭、恒例「中学生のソーラン節」

 

 梅雨が明けてほしい時期、しかし明ければ猛暑がやってくる。そして「線状降水帯」も心配…そのような時期、もう7月ですね。7月といえば、私学中高は「定期考査」、公立に比して2週間遅れになります。ぜひ1学期最後の踏ん張りを見せてほしいと思います。
 ところで、今回は、6月の話題を2件、紹介させていただきたいブログになります。
ひとつ目の話題。6月17日(土)、体育祭が“猛暑”の中で実施しました。この時期、校舎外での教育活動で一番注意をしなければいけないのが「熱中症」。本校実施日の数日前には『埼玉県等の高校の体育祭でずいぶん大勢が熱中症で病院に搬送』と報道されていましたので、本校も大変心配でした。
 本校の体育祭は、(猛暑云々にかかわらず)短期集中!午前中(といっても閉会式は13時前でしたが…)で競技を終えるようになっています。それでも、あの猛暑の中では、熱中症によって「養護テント」に何名かはお世話になりましたが大事には至りませんでした。しかし、全体的には「凛々しく躍動する」生徒たちで人工芝のグラウンドは大変盛り上がりました。元気をあまり感じられなかった本校の体育祭(…「コロナ禍」を理由としたいところです…)が保護者の参観を交えて「参観者たちとともに元気やはつらつさ、笑顔を共有できた」ことは実にうれしい事でした。その躍動する生徒たちの様子を文章で表現できないのがとても残念ですが、生徒数が少しずつ増え、おとなしくつつましやかな体育祭から、(コロナから明けて~まだ明けていませんが~)「一人ひとりが躍動する生徒たち」に明らかに変わってきたことはとりわけうれしく思います。参考までに…開会式での選手宣誓を載せさせていただきます。ユニークながらもその日の生徒たちの様子が分かってくださる先生だったと思います。

宣誓!私が大統領になったら競技で不正するような人は〇〇〇にします!
私が大統領になったら「いや、たかが体育祭だろ~!」って誤魔化す人は、○○○します!
私たち選手一同は、スポーツマンシップにのっとり来年度のオリンピック出場を目標に〇〇〇により鍛え上げられたこの足で全力を尽くし、いつどの角度から学校のインスタに載せられても困らない顔立ちで正々堂々戦うことを誓います!!S2年 赤組団長 S M S2年 青組団長 M U     令和5年6月17日

もう一つの話題は…SDGsです。
「2030SDGs(カード)ゲーム」を行いました。毎年この6月に高校1年生で実施している実に楽しいゲームです。「授業でカードゲーム?」と思われるかもしれません。「2030SDGs(カード)ゲーム」とはこのようなゲームなのです。

 カードゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。さまざまな価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのでしょうか。このゲームはSDGsの目標を1つ1つ細かく勉強するためのものではありません。「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験的に理解するためのゲームです。そのためSDGsという言葉を聞いたことがない人やあまり興味関心がない人でもゲームが持つとっつきやすさと面白さで知らず知らずのうちに熱中し、楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。(一般社団法人イマココラボ)

 今、多くの小中学校、大学に至るまでSDGsについての学習や取組が定番的になっています。
本校でも、多くの教科や領域の学習の中でこのテーマが扱われています。私は、東京女子学院に赴任し、電車通勤時に車内の数名の方がつけている「スーツ姿の方々が襟につけている17色の円のバッチ」が気になったところからSDGsを知りました。(なんと情けない…)その後、改めて国連の加盟国(ウクライナもロシアももちろんはいる)の全会一致で採択した壮大で綿密なこのテーマを知るうちに、「SDGs達成のために、わたしが、今、この立場でできることは何なのか?」ということを考えはじめました。そして、ある時、「SDGsの本質をカードゲームで楽しく学ぼう」という取組がありそこに参加しました。そこで、「SDGsをこんなにも楽しく深く学べるなんて、信じられない。まさしくアクティブラーニングではないか!」と感激したのです。そして、「達成のために、私にできることのひとつはこのカードゲームを手に入れて、直接生徒たちに体験させること」と決め研修(4日間)を受けました。そしてこの体験会を開催することのできる「公認ファシリテーター」になったのです。
このゲーム体験による振り返りの中で貴重な個々の学びを示している生徒が大勢いました。ほんの一部ですが、いくつか紹介します。

◎現実の世界のつながりにも触れたいま、改めて気づきや感想を共有してみましょう。

1組Aさん

最終的には(ゴール目標が)達成できたけれど、時間やお金が足りなくて達成できないかもと 思っていました。しかし、時間やお金が足りないのはどこのチームも一緒で、協力が必要なんだ」ということを痛感しました。これは現実でも同じだと思います。お金が足りないのも、時間が足りないのもどこの国もどの地域も一緒だと思います。だからこそ協力がとても大切だと…また、私の実行したプロジェクトによって、あるチームはプロジェクトを実行できたり、あるチームでは実行できなかったところを目にしました。めぐりめぐって、私たちの行動はつながっていると思いました。 しかし、動かないより動いた方が世の中は動きます。私が起こした行動はめぐりめぐって、“吉”と出るかもしれません。私も世の中の起点となれるよう動きたいです。

1組Bさん

はじめは「自分のゴール」を目指して、他のことに目を向けられていなかったと思います。今考えてみれば、クラスで作り上げる世界なら、クラスで協力しなければ意味がないと感じました。ゲームでは、世界の状況が見えますが、現実では、知らない人がほとんどで、私もその1人だと思います。人にはそれぞれ考え方があり、 各国の目指すものだって違うと思います。ですが、みんな同じ星に住み、同じ問題をかかえています。どんなことも、1つの国ではすまされず、継がっているとよくわかりました。何がどういった所に影響を及ぼすのか、考えてこれからの未来を変えられる人、それに貢献できる人でありたいです。

4組Cさん

まずは、SDGsの意味について「未来に向けた持続的に可能な目標」というあいまいな感じでしたが、「未来の人達に負担にならないようにしつつ、問題を解決していくため」というより具体的な 意識に変わりました。また、ゲームを通して自分の目標をクリアしつつも、世のためのミッションを行っていくという難しさを学びました。(自分の目標だけでも世のためだけでも生きていくのは難しいので、バランスよく要領良くできるように 頑張りたいです。)国や人、場所によって様々結果が現れることが非常に興味深かったです。そして、先生が紹介してくださった「ソトコト」「SDGsの大嘘」も読みたいです。

4組Dさん

目標を達成しても、それ以上に集めたり人にあげたりと、目標が達成した後にも、人の考え方により、さまざまな違いがあった。それと同じことが、世界の国や人でおこっていると思うと、あらためてSDGsの難しさを実感することが出来ました。

4組Eさん

私はこのゲームを終えてみて、自分の得だけを考えるだけでなく、 世界の状況を見て、互いに協力しあうことが大切であると気がつきました また、互いに必要なもの、あまっているものを交換したりすることにより、 世界が全体的にうまくいくというふうに感じました。だから、私は自分でどうにもできないと思ったことでも、あきらめないことが大切だと感じました。

2組Fさん

SDGは中学校の頃から学ぶ場をもうけられていたが 世界には色々な価値観をもつ国、人、文化などがあり、この世界共通の17項目を達成するには全世界の意識が必要不可決であるとより知ることができた。ただ、時代によって別の問題が新しく出て(きて)しまったり、それぞれの国など、個別個別で問題をかかえてしまったりしまうわけで 皆が皆賛同し全世界総力をあげてSDGSに向きあうのはとても難しいことだと思う。それにSDGs17項目1つ1つにも様々なとらえかたがあり、皆がそうすべきと思っているわけではないのではとも思う。けれど近年ではLGBTや環境問題などの議論や問題にふれる場面がよくあるので人々の考え方も変化しつつあると思う。これからの世界自に何かできるのか考えていきたい

2組Gさん

中学の時に、校外学習や修学旅行などで関連して考えたりしていたけれど、協力して達成するという事はやった事がなくて協力する事が大切という事に改めて気付きました。現実の世界は他の人までに気がいかず自分にいっぱいいっぱいな人が多いのかなと思いました。

パーム油の状況などから、便利になると何かがなくなってしまったりと今の地球温暖化へとなっているんだなと思いました。1つの物に1つの事で大きな問題へとつながってしまっている事がわかりました。どこかの国が便利だったりしてもその逆にそのせいなどで苦労している人がいて、たしかにドミノ倒しだなと思いました。考え方が少しでも変わると、行動も変わってくるのかなと思いました。自分もふくめて、自分の良い方しか考えられていない時もあったりしてこれから、周りとかにも目を向けて見てみたいと思います。

3組Hさん

ゲームを通して、参加している人の考えがちがうと、世界全体に影響し 1人1人の考えが大切だと思った。ゲームだけではなく、現実の世界でも、1人1人の意識で世界を変えることができるということを学んだ。そして、 自分が動くことでまわりも動いてくれるという組織のしくみに改めて気づけた

3組Iさん

自分が達成したいゴールだけを見てプロジェクトを進めると気づかないうちに経済だけうるおって環境が悪くなってしまったり、タイマーで決めた時間内におさまらなかったりしたから、SDGsも2030年までに達成することができるのか、また、達成できたとしても、その時の世界はどうなって いるのだろうかと疑問に思った。

 

3組Jさん

私はいままでは自分の得、損で考えていたので世界に目を向けることや人の事を考えることが少なかった。だがこのゲームでSDGsは身近な助け合いからなっているのだと思った。また私自身の考えも変えることができた。

 高校1年生にとって、これからの「3年間の生活や学習」の中で、SDGsについては直接間接にかならずかかわっていかなければならないものです。その意味では、「大学等次のステージへの進路」という限定的な方向性でなく、“若者たち”がこれから生きていくうえでの重要かつ壮大なテーマであることを自覚してくれたら、「校長ファシリテーター」の意義があったと思います。“振り返り”での最初と最後に示したスライドの文言を紹介して今回のチョー“長い”ブログを終わります。

◎Think globally act locally「地球規模で考え 身近なところから行動しよう」

◎今日のゲームでも私たち一人ひとりの行動が起点になって今日の世界が創り出されました。

 つまり世界はつながっていました。

写真①季節外れに雪が降っているみたいな「ヤマボウシ」 写真①季節外れに雪が降っているみたいな「ヤマボウシ」

 皆様ごきげんよう。いきなりですが皆さん、“ヤマボウシ”(写真①)という樹木をご存じでしょうか?

 ホームページ校長ブログをはじめて開けてくださった方には大変失礼かと思いますが、今回はちょっと面白い(?)エピソードを紹介してこの駄文をはじめます。
私(校長)「I先生、ハナミズキは本来4月下旬ですよね。遅ればせのハナミズキが咲いていますね。」
I先生「校長先生、あれは“ヤマボウシ”という花ですよ。よく似ているから間違えますね」
私「へ~、”ヤマボウシ“ね…。」
I先生「2階の教室から見るとステキですよ。一面に雪が降っているみたいに…」
 本校のI先生は、本校にあるすべての樹木・植物の名を知っている教員です。大げさな表現ではありません。まるで、今NHK朝ドラで放送している「牧野富太郎」(朝ドラでは槙野万太郎)のようです。私は、“テレビっ子”世代ですので、録画機能がついたテレビを購入以来、ず~ッと録画したものを毎日”夜“見ています。そう、牧野富太郎さんは、94歳で亡くなられるまで30年間練馬区で過ごした方だったのですね。(練馬区立牧野記念庭園)さらにさらに、何と!本校の図書室には牧野さんがすべてスケッチした「増補版 牧野 日本植物図鑑」(写真②)が所蔵されています。(この本も、I先生が校長室にもってきて紹介してくれました。ものすごく貴重な本です)
 ところで、「雑草という名の草は無い」は牧野富太郎の有名な言葉です。こよなく植物を愛し、その研究に一生をかけ、自身が「好きなこと」を貫き通した。すばらしいしうらやましい一生と思います。この「雑草という名の…」という考えを、“教育活動”や“人材育成”という観点であてはめてみると、簡単な言葉のようで実に奥深い、そのような思いになりました。子どもたちには(当たり前ですが)それぞれ名前があり個性・特性がある。ハナミズキとヤマボウシがそれぞれ違うように…。その個性や特性を大人(教員や保護者)が、しっかり認めることから教育活動(含:子育て)を進めていく。その「しっかり認める」を、私たちはできているのだろうか、そう自問するのです。
 本校の樹木・植物の話に戻します。今、西門のところのタチアオイ(写真③)がとてもきれいです。またエントランスの手前には柏葉アジサイ(写真④)が雨に濡れながらしっとり咲き出しました。その隣にはバイカウツギ(写真⑤)がとてもかわいく咲いています。この花は、かわいいですが、気品を感じる純白さ、花の香りがふんわりとやわらかく甘いのです。  
 あわただしかった1学期前半、中間テストも終わり教育活動もいよいよ充実の1学期後半です。5月27日土曜日より“学校説明会”が行われます。受験生の皆さんには、本校の生徒たちのすがたも見ていただきながら、たくさんの花々を確認して、“お気に入り”を見つけてくださいね。次回は、(牧野さんも生き返ってくるのでは…?と思うような、本校体育館北側の湿地帯の「野草」について紹介します。

 

 さて、以下は5月10日に実施した「講堂朝礼」で私(校長)が生徒に話をした内容です。ご参考までにお時間がありましたらお読みください。

5月10日講堂朝礼「 皆さんに期待すること・・・Be a Global Citizen 」

 先日ようやく来年度受験用のパンフレットの原稿が出来上がりました。あとは印刷に出すだけです。撮影協力をしてくれた皆さんには私から改めてお礼を言います。本当にありがとうございました。 

 ちなみに、今年度の表紙のことばは、昨年度までと一緒で「Be a Global Citizen」です。そしてその意味は「地球社会の一員として国際社会に貢献できる女性(ひと)になろう」という意味です。育てたい皆さんの“姿”をずいぶん大きくとらえています。「グローバル」ということばが「学校教育の中で頻繁に使われだしたのは、たぶん皆さんの保護者の方々が生徒だったころ、1990年代です。

 ところで、私が校長として「グローバル」ということばを意識し始めたのは、恥ずかしながらついこの間(といっても今から12年以上前ですが)です。ある方の講演を聞いた時からです。ある方とは橘・フクシマ・咲江”という女性、その当時(2011年ごろ)アメリカのビジネスウイーク誌に「世界で最も影響力のあるヘッドハンタートップ50人」に、唯一の日本人として選ばれた方です。

 橘さんはその講演の中で「グローバルな人になるための基本を次のようにお話ししています。テーマは「中学生に期待すること」ですが、高校生の皆さんにとっても、実に深く理解ができることです

グローバルなコミュニケーション能力を培うことは皆さん(中学生)にとってとても大切であること、具体的には例えば「Aさんはアメリカ人だから○○だ・・とはじめから決めつけないこと」、「きれいな言葉はていねいな気持ちをつくること」などです。そして、その「グローバルな人」になるには、次のような考え方や行動が大切だ、とお話しくださいました。

それは・・・

○自分のしたことは自分で責任をとる(自律・自立)・・・失敗を人のせいにしない

○マニュアルに頼らない(自律・自立)・・・自分と人は違うので、マニュアル通りにはならない

○何でもやってみる(前向き)・・・むだな経験はない やってみなければ分からない

○成功の人生・キャリアは自分で作る(自律・自立)・・・会社や他の人は責任をもてない

○「できない」理由を考える前に、「どうやるか」を考える (前向き)・・・創造的問題解決能力を育てる

○人と競争するより、昨日の自分と競争する・・・他の人にはなれない、毎日新しいことを学んで、昨日より賢くなる

 

 皆さん、この場で何回も言っていますが、BLENDに挙げますので、ぜひ、読み返してくださいね。皆さんのこれからの前を向いた生活の中で、指針(取るべき態度や進むべき方向を示す方針)となる表現があったらうれしいです。

 (中略)

 このスライドも入学前に、学校説明会の中でいったことです。皆さんが、この東京女子学院で生活する究極の目標は「自分らしさを追い求め、 自立した学習者」になることだと思います。そして “私らしい私 君らしい君”になるためには、今、話をした「グローバルな人になる」ことと共通性がたくさんあると思います。以上で5月の講堂朝礼の話とします。

ハナミズキがとても”かわいい”時期になりました。グラウンドの最先端で、白、紅、ピンクと並んで咲いています。 ハナミズキがとても”かわいい”時期になりました。グラウンドの最先端で、白、紅、ピンクと並んで咲いています。

 皆様ごきげんよう。三寒四温の“春休み”から、すっかり暖かくなりました。4月、 6日(木)始業式7日(金)高校入学式(午前)、中学入学式(午後)滞りなく、進めることができました。そう、令和5年度がスタートしました。本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 改めまして、東京女子学院中学校高等学校 校長野口潔人でございます。本校に着任して6年目を迎えました。
 今年度、最初のブログです。初めて、「校長ブログ」にアクセスしてくださった方、誠にありがとうございます。いつも・いつも、長い・長い文章を載せています。時々、「校長の話は、長い。…が(ちょっと)おもしろい」といった方がいらっしゃいますので、勝手に自己満足に浸っているものです。どうかよろしくお願いいたします。

 早速ですが、6日の始業式の式辞、7日の入学式の式辞を載せさせていただきます。(中学校の入学式は「金子みすゞ」の詩を、高校生の入学式では式辞の中に(おきて破り?の)音楽を入れて、新入生やその保護者の方々をびっくりさせてしまいました。お時間がありましたらお読みくださいね。

 

令和5年度 始業式 式辞     
                      校長 野口潔人

 新2・3年の皆さん、ごきげんよう。お久しぶりですね。春休み中元気に過ごしていましたでしょうか?
新年度、令和5年度が始まりました。今日は二つ話をします。

ひとつめ、「形のある成果と形に表れない成果」というテーマで話をしたいと思います。

これを見てください。この冊子は、この春卒業した高校生のフードカルチャーコースの生徒たちが「卒業研究」として制作したものです。実は、今ここにいる高校3年生で3回目の卒業生になります。1年目は調理室で卒業研究のプレゼンをやりました。2年目は、プレゼンをした上に、それをこのように形にしました。私が読んで、ちょっと面白い発想だなと思う内容を紹介しますね。

氏名

テーマ

コメント

A

食欲と色の関係について

「美味しさ」は87%が視覚に影響

水×ダイエット

水の味が違うことに驚いた

ディズニーフード(チュロス)はおうちで再現できるか

コロナや部活等の忙しさで、ディズニーに行けないので、「気分だけでも味わいたい」と思った。

スポーツをしている人向けのクッキー

スポーツをしている人にとって「罪悪感の無い」お菓子を作りたい

親子で学べる教養絵本~季節の行事と離乳食~

好奇心をもとに探究する重要性を知った

どうですか、皆さん。面白いと思いませんか?ただ、今日私は単にフードカルチャーコースのやっていることをアピール(宣伝)しようとしたわけではありません。 
 中学生を含めて、この1年間で学ぶたくさんのことを「形」として残せるようにしておくことはとてもよいことですよ、と言いたいのです。SAコースの「留学先での報告書」などは、その都度の積み重ねになる。「卒業研究」というテーマがあればもちろんよいですが、日ごろ使っている「ノート」でもよいですし、タブレットに残しておくデータでもよい。そして、そのことによって、「形に残る成果」だけでなく「形にならない成果」も皆さんの頭(脳)や身体・感覚の中に作られていくのですね。私は、そのことがまさに“学力”というのだと思います。「あれ?これ、なんだろう、どういうことだろう?」と思う「興味・関心・疑問」が「意欲・情熱」そして「探究心」につながっていくのですね。皆さん、どうか、たくさんの「形のある成果」が出るとよいですね。そしてそこから、「形にならない成果」もたくさん出せるようになるこの令和5年度になってほしいと思います。皆さん、たくさんたくさん学習しましょう!
 ふたつ目の話、新3年生は2度目の話になります。「リセットReset)」&「リスタート(Restart)」の話です。リセットとは、パソコンなどの機械をセットし直すことですね。しかし、「機械」だけでなくその人の今までの気持ちや他人との人間関係を改めて、初期の状態に戻すことにもこの言葉が使われますね。
 きっと今日は多くの中学校で、そして高等学校で、「気持ちを新たに」といったことが、今日この時間に話されているでしょう。「学校文化」のよいところは、適切で必要な時期に「リセット」ができることです。学習面や生活面で良くなかったことや悪かったことがすくなからずあったと思います。人によって、時には「学校行きたくないな」と思うことが多かれ少なかれ、あるものでしょう。それが毎日だった人もいるかもしれない・・。友達との関係だって、うまくいかない時もあったでしょう。 

 皆さん、春休みは終わりました。今、君の気持が後ろ向きであったらリセットし、今日(4月6日)からリスタートを切ってください。皆さんにはきっとそれができる。今、学級編成などで「不安な気持ち」になっている人…「左胸の少し上あたり」に「リセットボタン」があります。 どちらかの手を握って親指を突き立ててください。その突き立てた親指で「リセットボタン」を押してみてください。

それでも、暗い気持ちが解消されなかったら・・・・新しい先生方に相談してください。私は、新しい先生方をお迎えすることは、「より良い出会いのチャンス」ととらえています。皆さもぜひそのように思ってくれたらいいな、と思っています。  
 皆さん、今日また新しいクラスや学年が始まります。私は、皆さんの授業への取り組みや部活、生徒会などでの生き生きした姿を見ることができるのにわくわくしています。すべての生徒たちが、分け隔てなく、「明るく元気に楽しく」生活できる1年間であってほしいと思います。

これで始業式の話を終わります。

 

令和5年度 中学校 入学式 式辞

 

 散りゆく桜を惜しみながらも、グラウンドの最前列のハナミズキがかわいらしく咲き始めました。そう、穏やかな光に映える春を迎えました。テニスコートの青色、グラウンドの緑色にも負けず、「この時期こそ」とばかりに、チューリップそしてパンジーがあざやかに咲き誇っています。・・・そして、学校や社会全体が気持ちを新たにできる季節が廻ってきました。

 新1年生の皆さん、入学おめでとうございます。一人ひとりの元気でさわやかな返事に「東京女子学院での中学校生活をがんばるぞ」の意気込みが感じられました。

 PTA会長 ○○様、後援会長 □□様、そして同窓会長 △△様には公私ご多用のところ、本校の入学式にご臨席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、新入生の皆さん。今日は一遍の詩を紹介して、入学式の式辞にしたいと思います。これは、詩の作者が女性なので、私が詠むよりも、聞きやすい女性の先生に詠んでいただきます。

 わたしが両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、 
 飛べる小鳥はわたしのように、地面(じべた)をはやくは走れない。
 わたしがからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、
 あの鳴る鈴はわたしのように、たくさんなうたは知らないよ。
 鈴と、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。
 The bell and the bird and I– All are different and all are good.

  この詩は、昭和時代の初期に活躍した「金子みすゞ」という人の「わたしと小鳥と鈴と」という詩です。小学校の教科書にも出てくるもので、たぶん皆さんもどこかで耳にしたことがあるかもしれません。そして、最後の「みんなちがって みんないい」というフレーズがとてもなじみ深く、印象的です。 

 数年前のある新聞の夕刊に、「記事」として掲載されました。

「みすゞの愛情 米(アメリカ)にもこだま “排除”広がるなか やさしさに共感」

という見出しで、アメリカでみすゞの「詩の絵本」が出版され、共感を得ている、といった記事でした。今、世界は人種や宗教等様々な要素によって、人を差別したり、排除したりする傾向が強くなってきているといわれています。そのような中で、金子みすゞの「国や時代を超えて、誰の心にも響く詩(うた)、分かりやすい言葉の窓を開けると、大きな宇宙が見えると感じた。」と評価されているのです。 
 新入生の皆さん。「わたし」と「小鳥」と「鈴」はいうまでもなくみんな違います。みすゞは「みんなちがってみんないい」と究極のことばで締めくくっています。世界中の人たちが「わかりきっている」と言えたら、この世には戦争も差別も、そして“いじめ”もないはずです。
 しかし、私たち「人間同士」でも、いや人間だからこそ「みんなちがって みんないい」そのようにいえないでしょうか・・・。人は、特に子どもは、「自分と同じようでない人」を、しばしば比べ「あの子は私たちと違う」「あの子は変な子」と否定的に言います。
 でも、新入生の皆さん。皆さんは、中学生になるのです。「いろいろな人がいて、楽しい」「自分と違う人がいて、ワクワクする」そんな中学校生活を送れないだろうか・・。「みんなちがって みんないい」この言葉は、難しい言葉でいえば、「多様性の尊重」と言います。実は、今の社会の中で一番求められているものなのですよ。
 私は、素直にまた心躍らせながら、人間の「多様性」を肯定的に受け入れる事ができる人になれるよう、この東京女子学院での、女子校での、生活で成長していくことを心から願っています。
 新入生の皆さん、さらに言いますね。中学生になったのだから、他人の、自分と違うところを否定的に比べるのではなく、ぜひ、「自分自身の今を、昨日の自分、昨日までの私」と比べて欲しい。そうやって「今の自分」を評価して欲しい。そう思うのです。つまり、6年生の時、勉強でうまくいかなかったけど、中学生になったら集中してがんばれるようになった。昨日は自分の考えをうまく伝えられなかったけど、相手の気持ちになったら、上手に伝えられるようになった・・。というわけです。簡単な言葉でいえば、「向上心」です。
 新入生の皆さん。皆さんは、公立中学校のように地域の2~3校の小学校から集まったのではなく、ほとんど違う小学校での生活を送ってきました。一人ひとり12年間の歴史をもって本校で出会ったのです。
 そして入学した皆さんの中には、いろいろな人がいる。スポーツが得意な人、読書が大好きな人。おしゃべりが大好きな人、あまりおしゃべりが上手でない人、大勢でいることが好きな人、一人でいることが好きな人…。「みんなちがってみんないい」そう、とてもいいことではないですか!
Every one is different, every one is special. 
「多様性」と「向上心」このことをぜひ頭に入れて、中学校生活を送ってください。 
 保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。今日からお子様の中学校生活が始まります。小学校6年間の「児童としての生活」と、中学高校6年間の「生徒としての生活」は同じ年月にもかかわらず、3倍も4倍もの様々な成長があります。
 保護者の皆様は小学校時代の「子育て真っ盛り」の生活から、子どもたち自身による「自分育ち」を少しずつ側面から見守るといった「子育てのスタンス」となるでしょう。その意味で、小学校の時以上に学校とご家庭が「子どもの健全な成長」という同じ目標をもっていきたいと思います。そして、ぜひ小学校の時と同様に、笑顔で送り出し、学校から帰ったら学校であったことをたくさん聴いてあげてください。
 私はこの学校を “まじめ”と“誠実”に価値をおける学校にしたい。どんな場面でもまじめにコツコツ取り組む生徒を評価したい。そして、生徒一人ひとりの“自分らしさ”を大切にした教育活動を進めていきたい。そのように思っています。新1年生として、学校生活に慣れ、早く「東京女子学院大好き」になれるよう、教職員一同全力を尽くして教育にあたります。安心してお子様をお預けいただくようお願いいたします。
 新入生の皆さん、今日から中学生です。新入生の皆さん、一緒にがんばりましょう。新入生の、そして全校生徒の、生き生きした毎日の生活の充実を願って、私の式辞といたします。

          令和5年4月7日 東京女子学院中学校校長野口潔人

令和5年度 高校入学式 式 辞

 散りゆく桜を惜しみながらも、グラウンドの最前列のハナミズキがかわいらしく咲き始めました。そう、穏やかな光に映える春を迎えました。テニスコートの青色、グラウンドの緑色にも負けず、「この時期こそ」とばかりに、チューリップそしてパンジーがあざやかに咲き誇っています。・・・そして、学校や社会全体が気持ちを新たにできる季節が廻ってきました。
 高校新1年生の皆さん、そして保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

本日は、PTA会長 ○○様、後援会長 □□様、そして同窓会長 △△様には公私ご多用のところ、本校の入学式にご臨席を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 さて、新入生の皆さん、今日は、私が最近何度も聞いているお気に入りの“歌”を紹介して式辞にしたいと思います。
早速、曲を聴いてください。 (曲を流しました)
 はい、ありがとうございました。この曲、ある金融グループのテレビCM(コマーシャル)で使われました。CMにはいくつかパターンがあってそのひとつは、シンガーソングライターの岡崎体育さんとラグビー選手稲垣啓太さんが「高校の同級生、ラグビー選手」の設定になっています。岡崎さんは、そのグループの会社に勤め、顧客との交渉や自分のノルマを奮闘しながらこなしていく。稲垣さんはラグビーの道を続け黙々と練習をこなしていくシーンが、短いながらストーリー性のあるものになっています。そしてそのバックミュージックとして流れるのが、先ほどの「深夜高速」という曲、岡崎さんが歌います。この「生きててよかった」を連呼する前後にこのような歌詞があります。

青春ごっこを今も  続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない
真暗な道を走る   胸を高ぶらせ走る
目的地はないんだ  帰り道も忘れたよ

夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく
心の中の漂流者   明日はどこにある?
十代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる
涙なんかじゃ終わらない 忘れられない出来事
ひとつ残らず持ってけよ どこまでももってけよ

 新入生の皆さん、この「生きててよかった」の表現は、「生死の淵に追い込まれた」とか「九死に一生を得た」時につかうインパクトの強いことばのように聞こえます。しかし、私はこのことばから、そしてこの歌を聴きながら、真っ先に若さゆえの不安感と高揚感を聞き取り、感じました。青春期、目の前の課題をどうにかしなければならないがどうしようもない。何かを始めなければいけないが、なかなか一歩が踏み出せない。様々な葛藤ともどかしさをもちながら社会人になっていく、そんな思いを二人の姿勢の中に感じたのです。そして、聴けば聴くほど、若者がもがきながら日々をこなし、のりこえていく姿を素敵だなと思いました。そして「生きててよかった」の連呼を聞いたとき、高校生になった皆さんたちへの激励の言葉として使いたいと思ったのです。歌は「生きててよかった」を数回叫び、そのあとに「そんな夜を探してる」「そんな夜はどこだ」と模索し続けます。つまり、「生きていてよかった」という実感が得られていない、ということが聞き取れるわけです。
 改めて、新入生の皆さん。皆さんは中学校では体験したことのないような「不安感」をもったり、どうしたらよいかわからないという「葛藤」を味わうことが高校生活の中ではたくさん出てきます。時には投げやりになってしまうことがあることがあるかもしれない。それは、一歩一歩、大人に近づいていくからなのです。皆さんの高校生活が「そんな夜を」探し続ける日々になるかもしれない。それは、一日一日大人になっていく証拠なのです。私は、「生きててよかった」ということを探し続けることこそが、人を、若者を強くしていく、そう思うのです。
 CMのシーンに戻ります。同級生だった二人、一人はスーツ姿で、一人はラグビーの練習着姿でグラウンドのゴールに向かってゆっくりと走っていきます。そこに「ともに 前へ」ということばが浮き上がって、CMの映像は終わります。
 新入生の皆さん、様々な思いをもった皆さんがここに集いました。皆さんは、全員この東京女子学院に興味をもち、受験し入学した。君は、単願で本校を希望した。別の君は、第一志望ではなかった。でも結果本校に入学し今ここにいる。
 どのような思いやいきさつがあっても、最後に、自身で決めましたね。そして、この出会いを、自分からよりよい出会いにしようとしていますね。私はそう確信していますよ。
 保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。今日からお子様の高校生活が始まります。高校生活は、まず学習生活。学習を極めることが何より大事です。その自覚をお嬢様の一人ひとりがもてるよう、皆様と学校が思いを共有させていただきたいと思っております。我が子は我が親の生き方を冷静に見習っていく時期でもあります。そのような意味でも学校とご家庭が「子どもの健全な成長」という同じ目標をもち、ご家庭でのサポートをお願いいたします。早く「東京女子学院大好き」になれるよう、教職員一同全力を尽くして教育にあたります。安心してお子様をお預けいただくようお願いいたします。
 新入生の皆さん、皆さんの中には、「早く大人になりたい」人がいる。いや「大人になりたくない」人もいる。毎日、「楽しく学習している人」もいれば人によっては「何にもいいことない」と思ってしまう日々があるかもしれない。そのような時、ここに集う生徒がいつも「生きててよかった」を探し続けるとともに「ともに、前へ」Let’s shape our future together.そのようなスタンスで毎日を送っいくことを期待しています。新入生の皆さん、一緒にがんばりましょう。 以上で私の式辞といたします。

令和5年年4月7日東京女子学院高等学校 校長 野口潔人