明日にかける橋

グラウンドのわき、自転車置き場のところに1本。この寒さの中で、早咲きの「河津さくら」が芽吹き、中には一輪ずつ咲いてきました。「もうすぐは~るですねェ♪」と歌うよりも、あと1週間くらいは「春は名のみの 風の風の寒さや~」ですかね?(本文とは全く関係ありません)<br /> グラウンドのわき、自転車置き場のところに1本。この寒さの中で、早咲きの「河津さくら」が芽吹き、中には一輪ずつ咲いてきました。「もうすぐは~るですねェ♪」と歌うよりも、あと1週間くらいは「春は名のみの 風の風の寒さや~」ですかね?(本文とは全く関係ありません)

 本校では、月2回、「講堂朝礼」といって、(小中学校でいう)「全校朝礼(全校集会)」を行っています。(「コロナ」の関係で「放送朝礼」に変えたり、講堂に集合してもできるだけ短時間にしています。)かつて、校長の私が、毎回“講話”をしていましたが、2回のうち1回は、私以外の教員に分担してもらうようにしました。教員それぞれは、”話をする”となると、持ち前のうまさを発揮するものです。特に、新規採用数年の教員は、大勢いる生徒たちの前で話をするのはとても緊張して話す一方で、生徒たちにとってはその先生の話によって自分の将来を身近に感じる“ロールモデル”となる話の内容になる場合があるので、私はとてもよい取り組みであると思っています。私は、公立中学校にいた時からずーっとやっていたので、本数冊を発行できるくらいです。本日(2月16日)今年度の「講堂朝礼」は終わりました。担当者は新規採用2年目の女性教諭の話でした。その先生の話は本校の生徒たちが直接聞いた内容なので、今ここでは申し上げません。しかし、私自身が約40年前の”新卒時代”を思い出してしまいました。以下、思い出したことを原稿にしたPTA広報誌に載せた文章です。よかったら読んでください。

「明日にかける橋」
 皆さん、ごきげんよう。冒頭にしばしば「コロナ」のことを話題にしていましたが、今号は一切触れず、とびきり“私的”な話題にします。先月の、正月のBS番組に1981年のS&GのNYコンサートがありました。(S&Gといえばサイモンとガーファンクル・NYといえばアメリカニューヨークなのですよ、生徒諸君!)アメリカの男性二人のデュオグループ、40年近く前の映像に、私はあることを思い出しました。
 私は、そのコンサートの翌年から教職に就きました。中学担任で3年間かかわってきた生徒たちの卒業式を迎える日の前日でした。最後の(高校でいう)LHRに、カセットデッキとテープ(懐かしい?)を教室まで持参し、ある曲を流して門出を祝おうとしました。それが、先ほどのS&Gが歌っていた「明日にかける橋」でした。歌詞は…『君が生きるのに 疲れて~~ 涙がこぼれそうなとき 僕がそれを拭い去ってあげる 僕は君の味方~~ 激流にかかる橋のように 僕がこの身を捧げよう(和訳)」『When you are weary~~♩ Like a  bridge…』もちろん英語の歌詞です。

 「のぐっちゃぁ~ん…最後までめんどうくさそうなことをして~~」と、ぼやく“ことな”たち(大人と子どもの間の生徒)に、半ば強制的に聞かせたこの曲の優しくも力強い歌詞とシンプルな曲奏はいつまでも忘れないのです。たぶん、そのことを当時の子どもたちは誰一人として覚えていることはないでしょう。しかし、“幼き荒くれたち者たち”をこの「明日にかける橋」のような若者に育てたい、そしてそんな大人になってほしいという私の教育観は、この曲が原点なのかもしれない、とテレビの映像を見ながら昭和ノスタルジーに浸っているのでした。

 今年度3学期、各担任が最後のLHRでどのように話をするのか、たぶんそれぞれでしょう。特に卒業(修了)を迎える高(中)3年生たちには、これからの「withコロナ」時代に「涙をこぼして、下を向いている仲間や身近な人がいたら、何も言わずいつまでもそっと寄り添っていられる君でいてくださいね。それが東京女子で学んだこれからの皆さん若者の正しい姿ですよ」とぜひ担任から伝えてほしいですね。3年の皆さん、祝卒業!ついでに…皆さん、S&Gの曲を聴いてみてください。そしてその歌で英語を勉強してみてください。

一覧へ戻る