Well-beingとは?

本校では、たくさんの花々がグラウンドの周りだけでなく、いろいろなところに咲きます。このタチアオイの花は、体育館横の駐車場のわきに咲きます。昨年度、最初に見たときは、「なんでこんな位置に開花するんだろう」と思いましたが、見慣れてくると、先端までピンとしている姿は凛々しささえ感じます。(本文とは関係ありません) 本校では、たくさんの花々がグラウンドの周りだけでなく、いろいろなところに咲きます。このタチアオイの花は、体育館横の駐車場のわきに咲きます。昨年度、最初に見たときは、「なんでこんな位置に開花するんだろう」と思いましたが、見慣れてくると、先端までピンとしている姿は凛々しささえ感じます。(本文とは関係ありません)

“教員”を職業として一筋。今思えば“教えた”多くの生徒たちから“学ばせてもらった”ことが本当に多かった。そう、私の最初の(いわば)教え子たちは、昭和末期、今五十路前半の方々です。

 その一人Sさんは、今某大学准教授で活躍、先日「未来をつくるSDGsマガジン 〇〇 7月号」に、何と6ページにわたって紹介されていました。テーマは、ウェルビーイング入門(Introduction to  Well-being)。…「こら!“オレ”が先に入学式で使ったことばだぞ!」(実は入学式で使ったのも副校長のアドバイス)と、無価値な対抗意識を一瞬もちながらその雑誌の特集を読ませてもらった。

 ウェルビーイングとは『体も心もよい状態・ご機嫌な状態』だそうだ。簡単に “幸福”とも訳される。『自分のウェルビーイングを「お気に入りのスイーツを食べた瞬間」という人もいれば「戦争がなくなること」と答える人もいます』と准教授は解説。では、中高生のウェル…って考えると、授業で教わった通りにやってみたら難しい演習問題が解けた時の“やった感”、部活で必死にボールを追ってキャチできた一瞬、的に向かって弓を射て、的に当たるまでの矢が空中にある0.数秒、放課後、時を忘れて図書室で大好きな絵を描く時、アクリルボード越しに友達と(やはり)時を忘れてペチャクチャとプチ女子会している時、“ネイティブ”と英語のチャットを楽しむ時などなど…すぐに描けたシーンがたくさんあってよかったです。

 私たちの教育活動は、中高生が夫々の(自分らしい)ウェルビーイングを追い求め、自ら見つけるための支援なのだと思う。そこには、准教授曰く「一人で悦に入る快楽主義的なウェル…も大切ですが、人や自然、地域、社会、歴史とのかかわりの中にあるウェルビーイングも素敵なもの」と支援の高質化も必要…。全く同感、だからこそ私たちはKeep on Learning(学び続けること)の考えが大切なのだと思う。今の生徒たちには、たくさんの様々な幸せ感を味わってほしいし、感じ取ってほしい。自らつかみ取ってほしい、それが次のステージにつながる。そして、今私たちが折に触れて話題にしているSDGsの17の目標は、人類すべての人たちのWell-beingを達成すべく重要な取組であるという自覚をしていきたいしもたせたい。そのように思うのです。

 詰襟の学生服に包まれた小柄な“小顔の中1生”が、何十年の時を経て、大学教員としてゼミの学生とともに多くの地域コミュニティづくりを手掛けている物静かで知的な“笑顔”の姿(雑誌上)を見て、私は“教員”としての自分勝手なWell-beingを感じてしまったのでした。

3回目の「学校説明会」お待ちしていますね。ぜひいらしてください。 3回目の「学校説明会」お待ちしていますね。ぜひいらしてください。

一覧へ戻る