高校一般入試、「いつかどこかで努力をしなければならないのだ!」

今回の「ブログ」の内容とは関係ありません。先日、卒業を1か月後に控えた高校3年生に、「”人生100年時代”に”自分らしく”職業生活を送るために」というテーマで自ら話をしました。写真は、ちょうど「センテナリアンということばを知っている人?」と生徒に訊いているところです。読者の皆さんは、センテナリアンって知っていますか?…高校3年生には、卒業前、もう一回授業をします。SDGsのことを、楽しくわかりやすく知るための「カードゲーム」をします。(ファシリテーターとして公認されないと、このカードゲームは扱えないのです。昨秋、私はこのファシリテーターになりました) 今回の「ブログ」の内容とは関係ありません。先日、卒業を1か月後に控えた高校3年生に、「”人生100年時代”に”自分らしく”職業生活を送るために」というテーマで自ら話をしました。写真は、ちょうど「センテナリアンということばを知っている人?」と生徒に訊いているところです。読者の皆さんは、センテナリアンって知っていますか?…高校3年生には、卒業前、もう一回授業をします。SDGsのことを、楽しくわかりやすく知るための「カードゲーム」をします。(ファシリテーターとして公認されないと、このカードゲームは扱えないのです。昨秋、私はこのファシリテーターになりました)

エントランスにひな人形(七段飾りですよ)が飾られました。もうそのような時期ですね。先週、中学入試が落ち着き、いよいよ2月10日・11日の一般入試となりました。とても良い天気(雨模様ではないという意味)が続く一方、気温が毎日上下して、寒かったり暖かかったり…受験生にとっては、新形コロナへの注意だけでなく、通常の体調管理が大変だったでしょう。しかし、もっと大変だったのは…たぶん、ご家族の方。君!この日までこぎつけられた“君”の努力に誇りをもち、ご家族の…まさに”君”への献身的な姿勢に感謝をもってくださいね。その気持ちがあれば、思い切ってこの受験という試練を乗り切ることができる。私は、そう思います。皆さんは、昨年の休校期間中や修学旅行等に行けなくなっってしまったこと、はたまた2年間頑張ってきた部活動も「延期⇒中止」になってしまったことなど、中学3年生として経験したかったことがことごとく”なし”になって、今までの受験生とは別の様々な“我慢”を強いられてきた。しかし、その我慢は何よりも代えがたい、これからの高校での充実した学習活動のための精神的なベース(つまり、コロナが終息したら、より以上に高校生活を充実して頑張ろうとすること)となると思います。また、そうならなければ、皆さんがコロナに勝ったことにはならないと私は思うのです。
 ところで、本校の受験生はほとんどが都立の併願生です。しかし、私立の併願生もかなり。その生徒も11日に受験が可能です。受験校の選定は「自分が一番行きたい学校」だけではないご家族の思いなどの様々な要因があるものの、とにかく、優勝をかけたお相撲さんのように、“一番一番が勝負“という気持ちを大切にしてほしいと思います。私は、何十年前の”担任“であったころ「最後の1分まで筆記用具を置くな」と言ってきましたが、まあ、皆さんはたぶん余裕で終了5分前までには、答案用紙を見直していることでしょう。
 さあ、皆さん、(受験に限らず)「人は、目標をもったらだれでも、その達成のために、いつか、どこか…何らかの「努力」をしなければならないのダ!」(学校説明会で使ったスライドの一部)受験というものを自分の成長のプラスととらえ、培った力を発揮してください。

一覧へ戻る