第2学期 はじまりました。とにかく感染しないようお互いに注意!

金曜日の夜、Eテレのある番組、「これは、(始業式に)使えるゾ」と、すぐに画面を撮影しました。MCのタレントさんもうつっていますが、ご勘弁を! 金曜日の夜、Eテレのある番組、「これは、(始業式に)使えるゾ」と、すぐに画面を撮影しました。MCのタレントさんもうつっていますが、ご勘弁を!

 新型コロナ感染症が落ち着かないまま(なかなか減りませんね…というか“家族内感染”が増えていますね)本校は新学期を迎えました。そして申し出に1週間が過ぎました。皆様ごきげんよう。相変わらず暑いですね。
 さて、本校には大きくて頑丈(耐震抜群…とのこと)な“講堂”があります。8月21日(金)、何とか3回に分けて“分散”始業式を行いました。生徒の様子を舞台の上から見渡すと、(公立10年間の校長時代を含め)なんとなく生徒たちの前向きな雰囲気が分かります。時には、「これからの2学期大丈夫かな?」と思わせるようなケースもあるのです。今回の始業式では「あ、みんな元気そうで、短いながらも充実した夏休みだったのだろう。」と想像できる表情をしていました。特に高校3年生は、これから6年ぶり3年ぶりの“受験”で学校推薦の書類や“小論文”作成のための特別講座等、また全学年でも翌週月曜日には早速学力テストや到達度テスト等で息つく暇もなく様々な取組をこなしました。あっという間の1週間。そして……
 8月22日(土)、本校では第2回目のオープンスクールを実施しました。猛暑の中、大変大勢の“受験生”が保護者の方々と共に来校してくださいました。残念なのは、やはり生の生徒の姿を見ていただけなかったこと。万が一にもクラブ体験等での生徒間交流が感染のきっかけになることは避けなければなりませんでした。私を含め、全教職員がフェイスシールド着用、来校した皆さんにも“フェイスシールド”を配布し個別相談では着用していただきそのままお土産にしてもらいました。何人かの受験生が、一緒の体験授業でお友達になり、“次回”を約束していたようで、私はとてもうれしくなりました。在校生の2学期のスタートとともに“生徒募集”の本格的なシーズンにもなりました。今後ともよろしくお願いいたします。お互いに感染に気を付けて気を緩めず、“新型コロナ”の終息を待ちましょう。
 
 始業式で話をした内容を掲載いたします。皆様、どうぞご一読ください。

 皆さん、ごきげんよう。短い夏休み、どうでしたでしょうか? 1学期の終業式の直後に梅雨が明け、本当に暑くなりました。皆さんは、コロナの予防と熱中症の予防で本当に大変でしたね。私は、“暑い”“寒い”は皆さんの年ぐらいの時からあまり気にならない体質でしたが、さすがに最近の暑さは、すごい暑さだと本当に感じます。そのような中でも、学校閉鎖中でも本校の4つ強化クラブは毎日体育館で、講堂で、テニスコートで、そしてプールで頑張って練習をしていました。バレー部やテニス部そして水泳部は大会などがなかなか実施できない中、そして何もしていなくても暑いのに、毎日がんばって活動していました。 
 なかでも、各部の3年生の皆さんは、生徒によっては“引退”の時期であるにもかかわらず、それでもがんばりきろうとする姿勢は、同じスポーツをしてきたものとして私は敬意を表したいと思います。最後の最後に残った試合のためにもう少し頑張ってください。応援しています。
 そして、(皆さんもきっと聞いていると思いますが)ダンス部はビデオ審査で全国大会出場の切符を手にして、18日全国大会の舞台に立ちました。パシフィコ横浜という素晴らしい舞台で、思い切り踊ってきました。あとで表彰しますが、実質2カ月程度の練習で本当によくがんばりましたね。おめでとうございます。

 さて、“英語”を扱った話をします。英語が苦手な生徒はごめんなさいね。実は私も皆さんのころは苦手で嫌いでした。(スライドを見せながらの説明です)

 はい、これは先週の14日の夜の、あるテレビの画面です。「世界に〇〇!」という番組。

 ニュージーランド、アーダーン首相の3月25日のライブ配信されたときのことばです。ニュージーランドは、今年初め“新型コロナ”の国を挙げての対応が早くて、世界で一番早く、国全体が日常の生活に戻したとして有名になりました。そして今、たった4人が感染したとして首都をロックダウンしています。アーダーン首相の演説読みます。

If you act as if you already have COVID-19―Think about it that away ―
then you’ll work as hard as you can to limit your contact with others as much as possible.
 この演説の直訳的な意味を分からない人は、英語の先生に聞いてください。私は皆さんにこの言葉を紹介するにあたって、何人かの英語の先生に聞きました。そうしたら、その先生方が同じように「校長先生、あの1学期にやったアンケートの第10問の質問ですよ」と言ってくれたのです。この画面の英語の最後のフレーズは、「感染している」ということを踏まえて、自分の行動を考えてください。という意味です。私は、ニュージーランドの国民がこの首相のことばをよく聞き、意識して行動を考えたから、はやくに新型コロナを克服したのだと思います。

第10問は…
 私は、新型コロナウイルスを他人にうつしてしまうかもしれない(うつされるかもしれない)と常に思っている、でしたね。私が、皆さんに意識をもって行動や言動、特に食事の時を含めた会話には気を付けましょう、と言っているのは全く正解なのだな、と思いましたよ。

 皆さん、一番長い2学期、とくに高3生は自分の進路を決めていく大切な学期です。もちろん新型コロナに罹患することなくその他の病気にもかからないようにして、元気に活動していきましょう。「マスク・手洗い消毒・3密を避ける」よいですね?

今日の話の最後にもう一つの英文を紹介します。やはり、新型コロナで世界中が大変な状態になった4月のスピーチです。

イギリスエリザベス女王 4月5日のスピーチ
We will be with our friends again, We will be with our families again, We will meet again.

以上で私の始業式の話を終わります。

一覧へ戻る