コロナ ヒトからヒトへ・・・?

2020年1月21日(火)M新聞 朝刊 しわがありますが、見出しは読めますね 2020年1月21日(火)M新聞 朝刊 しわがありますが、見出しは読めますね

皆さんごきげんよう。本日4月22日、午前中は抜けるような青空で、グラウンドの「花水木」がとても映えていました。先週このブログでは「エッセンシャルワーカー」を取り上げました。読んでくださいましたか?(長々しい文章で飽きてしまいますね)相変わらず緊急事態宣言下での休校の継続となっていますが、本日、ブログを更新したいと思います。
 実は、今年度は土曜日に私(校長)が高校3年生の選択講座を設ける予定でした。テーマは「SDG’Sと新聞活用」です。もちろん休校になっていなければ、もう2時間ほど授業をしていることになるのですが・・・。その授業の内容はさておき、表題の通り「新聞」を使った授業をするわけで、そのために昨年度3学期1月ころから学校でとっている「新聞」をためていました。校長室にあるその“たば”をたまたま見ると、何と右の写真にあるような記事でした。見出しは「新型肺炎 ヒトからヒト 確認 中国死者3人 感染200人超」・・・日付を見ると、令和2年1月21日(火)となっていました。・・・
 ちょうど3か月前、3か月後のこの状況(全世界で感染者250万人超 死者17万人)をさすがにこの記事では想像などできません。この後、“屋形船”や“クルーズ船”などが話題になって「え~、日本も大丈夫?」などと思っていたこと、そして芸能界の方や有名な方が感染したりいのちを落としたり・・とずいぶん昔のように思いますが、たった3か月間に日本さえも、東京さえも・・・大変な事態になってしまったのですね。この記事を見て、“感染症”というのは本当に怖い、と改めて思いました。恐ろしいですね。そう、これだけ世界がネットワークでつながっているマイナスの証ですね。
 さて、我々教員も、時差出勤したり在宅勤務ということで外出自粛をしているわけですが、交代で出勤しながら、皆さんの家庭での学習ぶりや生活ぶりを電話等で確認をしています。生徒の皆さんは、本当につらいですね。(“ガンバル”ということは、ついつい長い距離を走ったり、ねじり鉢巻きで苦手なものを克服するといったときに使いますが、)家でじっとしていることを“ガンバル”ということは、本当にイメージできないほどむずかしい。でも、少なくとも午前中に各教科の課題をこなし昼食を自分で用意するくらいの“ルーティン(習慣)は中高生であれば身に付けておいてよいと思います。くれぐれも、やりたい放題でゲームに没頭したり、友達との無制限のLINEのやりとりで一日が終わってしまわないようにお願いしますね。特に、高校3年生は、次のステージ(大学等)に向かって、たぶん「自学自習」に余念がないと思います。早く学校を再開して・・・と思いますが、こればかりは私学とはいえ独自に判断して・・というわけにはいきません。休校中の皆さんの頑張りぶりをパソコン上で確認するように、今準備しています。
 もう一つ・・・。外出の自粛の要請とはいえ、立場上の万やむを得ない外出として私はほとんど毎日学校に来ています。電車に乗る際も“つり革”は一切触りませんし、手すり等も使いません。エスカレーターに乗る際もベルトは触りません。(そもそもエスカレーターは載らない)触らないように意識しないと自然と触ってしまいます。何回、どこを触ったか、と帰宅した時憶えているくらいにしないといけません。もちろん、マスクは家に着くまで外さない。そして手洗い・うがい・・、ソーシャルディスタンシング、朝夕の体温測定(私の場合、加えて血圧測定)。一応できることは徹底してやっているつもりですが、まだまだ注意深くしないといけないと思っています。皆さん、ぜひ参考に・・。
 余談・・毎朝そして夕方、街にランナーが多くなりましたね。できれば全員がマスクをして走ってほしい。それにしても・・吉祥寺界隈の“外出者”の多いこと、先日の日曜日は本当にすごかった。(私はもちろん人混みにはいなかったです)

一覧へ戻る