中学3年生、京都奈良へ修学旅行へ出発!

法隆寺五重の塔を眺める(数年前の夏の写真です) 法隆寺五重の塔を眺める(数年前の夏の写真です)

皆様ごきげんよう。連日の更新ですが・・どうぞよろしくお願いいたします。本日から中学3年生の修学旅行です。2月という実施時期、公立中学校ではありえませんが、中高一貫校でのメリットです。確かに寒いインフルエンザの流行る時期ですが、圧倒的に京都・奈良はすいている。まして「新型・・・」により外国人(特に中国の方々)が訪れていませんので・・・。(一方、観光地としては、お客さんが来ないので大打撃でしょう)多くの寺社等をゆっくり見学できるのは本当にうらやましいです。ただ、ここ数日間、関西方面は寒波が押し寄せあまり良い天気とはならないようです。まあ、雪の京都・奈良も“乙(おつ)なもの”ではないのでしょうか・・。せっかくですので、昨日と同様、生徒が携帯している“しおり”に書いたあいさつ文を以下に載せておきます。お読みくだされば幸いです。

しおりによせて

 私は、某テレビ局の「ケンミンショー」をよく見ます。タレントたちの軽快なしゃべくりがたのしいことはもちろんですが、その番組の1時間分の構成がすばらしいなと思うからです。そして、その番組での“各地”紹介により、私たちが生活している東京(東日本・関東・練馬?)での様式や習慣が、とてもローカル(その地方特有)なのであったということが分かります。また、「歴史」という点でも、「東京の発展」は、まだたかだか(・・・・)150年、「江戸」から考えても450年程度で、そのことを考えると、京都・奈良は“何と(710)大きな平城京”“鳴くよ(794)うぐいす平安京”で1300年近い「歴史」を誇っているのです。その、日本の「源(みなもと)」を探るとともに、京都や奈良(西日本・関西)の様式や習慣を、「ケンミンショー」のように興味深く知ることが出来れば、とても素敵なことだと思います。 
 ところで、真の学力は「体験の中」から培われる、といわれます。机上や教室のなかで学習したものが、本当に自分の頭脳や身体にしっかりと記憶として刻まれるのは、「実体験」をおいてほかにありません。つまり、皆さんは、京都・奈良へ学習しに行くのです。「古都の文化財や自然に接し、日本の歴史や文化、風土の原点に触れ、学習を深めるのです。1・2日目の興福寺・東大寺・法隆寺、2日目午後からの宇治、京都市内・・・そこで見聞きするものは一生ものの「学力」にならなければいけませんし、きっとそうなると思います。
 もうひとつ、一生のうちで生徒や学生としての「集団生活」はそれほど多くはありません。集団で学び、行動することも「学校文化」の大切な要素です。その集大成としての、今回の修学旅行を自覚してほしい、そう思います。
 修学旅行が楽しく、わくわくすることは間違いない。しかし楽しさとは別の次元で、健康・安全・責任、主体性・規律・マナー・ルールといった「集団生活」で欠かせないことを、しっかり自覚してください。何はともあれ、決して安くはない旅行費。いろいろな観点でその費用の価値を最高のものにしたいですね。

一覧へ戻る