1月は”矢”のように?2月は”に”げていく?

本校体育館裏の「梅花」…こんなめだたないところに咲いているのはモッタイナイ。花の可愛さはいうまでもありませんが、その香りはまさしく”早春”そのものです。(本文とは関係ありません) 本校体育館裏の「梅花」…こんなめだたないところに咲いているのはモッタイナイ。花の可愛さはいうまでもありませんが、その香りはまさしく”早春”そのものです。(本文とは関係ありません)

矢のように1月は飛んでいってしまいました。本日節分。2月は逃げていく?そして、本当に寒い毎日、冷たい指先、乾く肌・・・、今日からさらなる寒波の襲来?・・・・もう少しの期間、寒さへの対策と「がまん」が必要ですね。
 ところでこの時期になると、私が中学校で担任をもっていた頃、必ず扱っていた道徳の教材があったことを思い出します。「足袋の季節」です。各社の道徳の副読本に、よく載っているものです。(ちなみに本校は3年生の副読本です。)
 今月は、寒く冷たい時期にぴったり?の話題にしたいと思います。この教材のあらすじは・・・・

昭和の初期、私は小学校を出るとすぐに小樽(北海道)の叔母の家に身を寄せ、郵便局の給仕(雑用係)になった。月給が14円で、食費に13円50銭、残り50銭で散髪したり銭湯に行ったり・・。寒い冬でも足袋(たび・・・現代で言ったら“くつした”ですね)を買うことすらできなかった。雪の中を素足で局に通いながら、何とかして足袋を買いたいと思っていた。

局の構内には“大福もち”を売りに来るおばあさんがいた。ある日、上司の言いつけで、10銭玉を握って大福を買いに行った。おばあさんは「50銭玉だっね」と尋ね、私は、自分が渡したのは10銭玉だったが、その時、「40銭あったら足袋が買える」と思い、つい「うん」とうなずいてしまった。あの貧しいおばあさんから金をかすめ取った、という自責の念(自分で自分の過ちをとがめること)にかられ、その事でずいぶん長く苦しんだ。昇進して札幌局に配属され給料も上がり、初めての月給で、自由になるお金をもらうと、それで果物を買い、おばあさんを訪ねた。しかし、その時すでにおばあさんは亡くなっていた。

 改めて…この話は「道徳」の教材ですから、「私」はどうすべきだったのか、「釣銭の間違いで儲けたことで何が悪い?」等と自由に考えさせて、自分の弱さや醜さを見つめそれを乗り越えようとする力について考えさせたい、という思いがあります。書かれたのは1963年、“足袋(たび)”をはじめ“逓信(ていしん)”(=郵便)や10銭・50銭選等々現代の生徒たちにはほとんどなじみのないことばが出てきます。「雪の中を素足で飛び跳ねて職場へ通う」など生徒からすれば「うそでしょ~?」と一蹴されてしまと思います。
 しかし、(その寒い時期だからこそ) “ラッキー”と思えることを自分自身がそのまま受け入れてよいのかという戸惑いと「やはり正直にお釣りを多くもらってしまったことはいけないことだったのだ」ということを、「私」がその後ずーっと心に持ち続けることの“強さ”を感じさせたい、という思いで、担任である私はこの教材を使っていました。
 一方で、私自身がこの教材を通して考えることがあったのです。それは、おばあさんは、たぶん「渡されたのは10銭だったろう」と思いながらも「50銭玉だったね?」と「私」への釣銭の確認をしたこと、そして、うその「うん」をなぜ受け入れたのか…ということを考えてしまうのです。毎年毎年、担任するメンバー(生徒たち)が変わったとしても、担任である私は変わらない。だから私自身の教員スピリッツのためにもこの教材を毎年扱いました。
 このおばあさんを教員としての自身に置き換え、(お釣りを多く渡されたことに気付き、それを「私」が正直に申し出なかったとしても)いつか、自分自身の不正直を反省し、それを詫びて強くなっていってくれよ」との期待感を込めて、その生徒(若者)を信じ続けることの大切さを、おばあさんの「ふんばりなさいよ」の一言に感じるのです。そして、私も、同じようなシツエーションがあった時、心の中だけでもこの一言を若者に言い続けていく大人でありたいと思うのでした。このおばあさんのように、無類の愛情をもって若者を応援できているでしょうか、自責や後悔の念をもたせるとともに、それを克服させるだけの人間力を育み、大人へのステップを歩ませたい。「足袋の季節」を読みかえすたびに、「まじめと誠実」が人間としての成長の土台であるとつくづく感じるのです。(どこまでも“おめでたい”大人なのかもしれませんがね…)
 明日は立春。しかし、寒い日はやはり冬、寒いです。そのような中での「試験」や「様々な挑戦(部活動等)」そして“希望の春”に向かう毎日の通学…。自分の望む進路をめざし、健気に自分らしく、一生懸命になっている若者一人ひとりに「ふんばりなさいよ!」と声をかけていきたい、そう思います。
 ひたすらがんばる生徒(特に高校受験生)の皆さんにはもうひとつ・・・・閏年(うるうどし)は、オリンピックイヤー(夏季)です。私は、2月が29日まである年は、寒いながらも今からとてもわくわくしますね。きっとオリンピックをめざす選手たちの中で、寒い今を乗り越えること(やりぬくこと)ができる人が、パリで自分のベストを尽くせるのだと思います。寒く冷たい冬をつらいと感じているのは、君だけではない。大人は君に代わることはできないのです。「ふんばれ・がんばれ」しかいえないのです。

一覧へ戻る