東京女子学院

  • 交通案内
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • 受験生・保護者の皆さまへ
  • 在校生・保護者の皆さまへ
  • 卒業生の皆さまへ

制服・校章・学年章等紹介

身だしなみや言葉遣い、立ち居振る舞いが良くなる そんなポリシーをもった制服。

創立時より変わらぬ伝統の黒のセーラー服は、日本女性らしさを現す本学院の象徴です。素材やデザインは、学校生活や体の成長を考慮したもので、見えないところに工夫がなされています(かがんだ時も安心な胸元のカッテイング、背中やおなかが見えないジャンパータイプのスカート、床に座ることを考慮したプリーツスカートなど)。
中学生は織り柄でかわいらしさのあるリボンタイ、高校生は知性を感じるシャープなカットネクタイのスタイル。
気温の変化に対応し、セーラー服の夏服・冬服にマッチした千鳥格子柄のジャケットが用意されています。
生徒一人ひとりが制服の良さを理解して美しく着こなす姿は、中学生らしい、高校生らしいと好感を得ています。

夏服も清楚で爽やか!

ベストが一体となったスカートは、活発な動きでも素肌が見えません。ベストは取り外して洗濯が可能なため、夏場でも清潔感を保ちます。また、上着は半袖、長袖があり、天候や体調に合わせられます。

校内着でアクティブに!

ピンクのシャツとグレンチェックのキュロットスカート。校内でふだんから着用することができます。
生徒を活動的にするとともに涼しさを感じる校内着が、学校生活に活躍します。

オリジナルの体操服

千鳥格子柄を襟元・肩にあしらった体操服はオリジナルのデザインです。パンツはハーフ丈とロング丈が用意されています。

シックなデザインの ハーフコート

セーラー服に合わせた軽くて温かいハーフコート。グレーと黒の2色が用意されています。

機能的で落ち着いたスクールバッグ&サブバッグ

合成皮革のスクールバッグは軽くて丈夫、雨でも平気です。ナイロン製のサブバッグは小さくまとまり持ち運びにも便利で、肩に掛けられるため荷物がある日でも安心して通学できます。

校章

芙蓉の花のような美しさとやさしさを持ち、芙蓉峰のように揺るがぬ気高い気品を備えた女性を象徴した校章

校章夏から秋にかけて、校庭の花壇には淡紅色や白色の芙蓉の花が咲き続けます。芙蓉はアオイ科の落葉低木ですが、古来、女性の美しい顔立ちを「芙蓉の顔(かんばせ)」と喩えたほど、美しい可憐な花を咲かせます。本学院の建つこの丘の呼び名を芙蓉ヶ丘と言い、創立時の校名が「芙蓉女学校」でした。晴れた日には校舎の窓から遥か西方に芙蓉峰(富士山の雅称)が望まれますが、その姿は胸を打つほどに気高く端正です。これらを思い合わせて、本学院では芙蓉の花をデザインして、校章としています。芙蓉の花のような美しさと優しさを持ち、芙蓉峰のように気高い気品を備えた女性の育成を目標としての校章制定です。

学年章 校花である「芙蓉」を象り、芯に「東女」と記した校章とセットで、学年章があります。 七宝焼きの学年章は、酒井堯先生の依頼で本学院の美術科講師泉川セツ先生が芙蓉の葉をデザインして制作したものです。中1が若草色、中2がピンク、中3が水色、高1が紅、高2が黄色、高3がブルーと、学年によって色が変わっており、6年一貫で全ての色が揃います。

ページトップへ戻る

東京女子学院
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-16-11 TEL:03-3920-5151(C)TOKYO JOSHI GAKUIN all right reserved.