東京女子学院

  • 交通案内
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • 受験生・保護者の皆さまへ
  • 在校生・保護者の皆さまへ
  • 卒業生の皆さまへ

校長挨拶

校長 酒井秀佳(さかい ひでか)

 創立者の故酒井堯先生に今お会いすることはできませんが、先生の教育理念・方針は現在も脈々と受け継がれています。その教育成果が現れるのが本学院の卒業式です。
 新入生は入学の喜びと学校生活への不安を抱き入学式に出席しますが、その所作や言葉はぎこちないもので、集団生活に足りる美しさをまだ持ち合わせていません。そんな生徒たちも卒業を迎えるとかつてのぎこちなさはなくなり、知的で理性のある表情や態度で卒業式に臨みます。毎年の卒業式では、入学式の生徒の姿を思い出すとともに、改めて本校の教育力と、時代を超え酒井堯先生の教育理念・方針・目標が継承されていることを強く感じます。
 生徒たちは登校時の校門での礼に始まり、朝礼(吟詠と瞑想)、毎授業開始の呼名と返事、全校清掃、終礼、そして下校時の校門での礼と、区切りの場面で心のこもった礼法・立ち居振る舞いをします。これらを通して、人は人に助けられ生かされているということを実感し、感謝の気持ちを醸成させていきます。
 また、本校では多様な行事や活動(合唱発表会、芙蓉祭、体育祭、部活動、遠足、明野キャンプ、明野セミナー、国内外の研修旅行など)があります。これらの体験や活動を通じて、教室では得られない力を身に付けるとともに、生徒一人ひとりの将来目標にもつながっていきます。
 こうした日常の一つひとつから様々な行事・活動の中に「至誠努力」「道義に立つ教育」「生活即教育」が実践されています。これこそが東京女子学院の建学の精神である、酒井堯先生のご意志であったと改めて思う次第です。
 酒井堯先生のご意志を引き継ぎ、培われた伝統と時代に即した新しい取り組みにより、東京女子学院は未来へ続く道を進んでまいります。
 最後に校長に就任しての決意を、本校吟詠「心の鏡」の中より2つの歌で表します。

  年高き老い木の松はいにしえのあととふ道のしをりなりけり

  あさみどり澄みわたりたる大空の広きをおのが心ともがな

東京女子学院
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-16-11 TEL:03-3920-5151(C)TOKYO JOSHI GAKUIN all right reserved.