TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

クエストエデュケーション校内発表会の報告

2016年12月 9日18:03 |

クエストエデュケーション校内発表会

 12月3日(土曜日)の3、4校時に、高校1年生によるクエストエデュケーションの校内発表会を行いました。クエストエデュケーションとは、生徒の「21世紀型スキル」を育むためのプログラムで、本校では社会で求められる力の養成としてアクティブラーニングの重要性に基づき、同時に教員のファシリテーションスキル向上のために本年度から実施しています。生徒たちは、実在の企業6社に校内インターン生として所属し、それぞれの企業から与えられた課題(ミッション)にチームで取り組みます。

 校内発表会ではそのミッションに対する各チームの提案を発表しました。各チームそれぞれに工夫した個性的な発表が数多く見られ、「歩くスマホ」や「キュウリのジャム」など、奇抜なアイデアの数々に生徒たちの発想の豊かさを感じました。また、質疑応答では他チームだけでなく見学に来ていた中学3年生や教員からも活発に意見や質問が飛び出したため、大いに盛り上がりました。さらに、保護者の方や企業の方、全国大会であるクエストカップ運営スタッフの大学生の方々がかけつけてくださり、大人をも巻き込んだ前向きで建設的な会とすることができました。お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 こうした本気でぶつかり合う活動を通して、生徒たちは「他人の意見を否定しない」ことはもちろん、同時に「自分の意見を否定しない」ということの大切さを学び、受動的な学習姿勢から主体的な学習姿勢へと変容させることができたのではないか、と担当者は感じています。生徒自身が課題を見つけ、より良い学びを築いていけるよう今後も取り組んで参ります。

クエストエデュケーション担当:河村

DSC_2435.JPGHP用画像.jpg