TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

礼法の授業について

2016年6月16日09:00 |
本校は、創立以来、礼法の授業を正規の授業として取り入れております。
中学1年から高校3年まで、小笠原流礼法に基づいた礼法を勉強しております。
伝統文化を学びつつ、日常生活に役立つようなことを色々学びます。
 写真の授業は、中学2年生の「物の受け渡し」の勉強の様子です。
教科書を使い、受け取る相手が、本を見やすいように、「本の向きの替え方」を勉強します。

P1110412_R.JPG

次の写真は、高校2年生の「蓋(フタ)付き茶碗の頂き方や進め方」の授業の様子です。
特に、蓋(フタ)の開け方を知らない生徒が多いので、全員に蓋付き茶碗を用意して、何度も開け方を繰り返し勉強しております。
蓋の開け方が分ったら、今度は、「茶托に乗せた茶碗を相手に進める」所作を勉強します。

P1110435_R.JPG

相手が見やすいように、使いやすいようにという 相手を思いやる「心」を表現した「姿」が礼法です。
いつの時代も変わらず、これからの多様化する社会でも、礼法の考え方は役立つと思い、生徒の将来のために日々指導しております。
礼法科 斉藤 さち子