TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

保健室&相談室より ~今日は、何の日?~

2016年6月 4日08:00 |
6月4日は、6(む)と4(し)の語呂合わせで、「むし歯予防デー」です。
そして、
6月4~10日は、歯の衛生週間です。
「歯の衛生週間」をきっかけに、歯を長生きさせるための口腔ケアを考えてみましょう。

日本は、日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国と言われていますが、残念ながら、歯の寿命は50~60歳代で、高齢になるに従って歯を失う人が多いそうです。日頃から歯磨きなどの口腔ケアをしっかり行っていれば、歯の寿命をもっと延ばすことができます。

皆さんは、1日に何回、歯を磨きますか?
保健室に来室した生徒に質問してみると、朝食後や夕食後の2回という人が多かったです。昼食後に、なかなか歯磨きができないのかもしれません。
できるだけ、朝・昼・晩の食後には歯磨きをするようにしましょう。

むし歯予防に、キシリトールガムを噛むと良いのは、皆さんもご存じかもしれません。キシリトールが配合されていれば、どんな製品でもむし歯予防の効果があるというわけではありません。

市販品と歯科医院で売られている専売品の違いについて、
歯科医院で売られているキシリトールガムは、甘味料にキシリトールを100%使用しています。市販品は、キシリトールが配合されていますが、それ以外にも糖質が入っているため、キシリトールの効果は十分ではありません。
歯科医院専売品は市販品に比べ、価格は少し高めですが、キシリトール100%のものは効果があり、歯のケアにおすすめです。

むし歯や歯周病の原因は、歯にこびりついたネバネバした歯垢です。1mg中には、1億個もの細菌が住んでいると言われています。
歯磨きの回数を増やしたり、キシリトールや洗口液等を併せて使用したり、この機会に歯や口の健康について考えてみてはいかがでしょうか。

IMG_0571_R.JPG