TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

卒業生と在校生保護者のいけばな紹介

2014年9月16日14:26 |

  卒業生や保護者対象のいけばな研究会が9月13()に行われました。

 9月のテーマは「秋草をいける」です。

 今回の花材は、ススキ、リンドウ、ケイトウ、ユキヤナギ、ワレモコウ、ホトトギス等。

秋草は、丈が高く花茎が細いものが多いので、参加者の皆さんは少々苦心していました。

保護者の方々は、ススキ、リンドウ、ケイトウで立体花型の生け込みをしました。さらに、他の花材での小品花型の練習もしました。卒業生の2人は昇級試験を目指して投げ入れに挑戦しました。

それぞれの作品は、爽やかに吹き抜ける秋の風を感じる様に出来上がりました。

 

  次回の研究会は、10月11()で、テーマは「深まりゆく秋をいける」です。

 

 また、芙蓉祭では、9月20日(土)・21日(日)の2日間、華道の展示を行います。

 

 今、校庭には芙蓉の花が咲き誇っています。どうぞお誘い合わせてお越しくださいませ。


                
華道科  岩間



岡本さん(保護者)
 花 材  リンドウ クジャクソウ ワレモコウ ススキの葉 ユキヤナギ
 花 型  小品花体 〈写真①〉
 生けてみて
  小品とはいえ小さくならないように、アドバイスをいただきながら、ユキヤナギでボリュームを出してみました。

中條さん(保護者)
 花 材   リンドウ クジャクソウ ワレモコウ ススキの葉 ユキヤナギ
 花 型  小品花体 〈写真②〉
 生けてみて
  いけばなの経験はほとんどないのですが、講師の先生ご指導のもとで楽しく生けることができました。

講評
 季節感を出すために秋風が通るよう自然な空間を大切にして生けるようにしましょう。
H26.9.13 芙蓉瑩心会 岡本・母.jpg   ②H26.9.13 芙蓉瑩心会 中條・母.jpg

9月13日(土) 【いけばなの勉強会】        寺田えみ(平成24年3月卒)
 花 材  ススキ ケイトウ リンドウ ユキヤナギ
 花 型  投げ入れ立体  本勝手 〈写真③〉
 生けてみて
  昇級試験が近いので、試験と同じ花材で生けました。
 ススキは穂の重みがあるので、投げ入れで長さを考えてまっすぐ生けるのに苦労しました。

9月13日(土) 【いけばなの勉強会】        吉野千瑛(平成23年3月卒)
 花 材  ススキ ケイトウ リンドウ ユキヤナギ
 花 型  人を主枝の立体  本勝手 〈写真④〉
 生けてみて
  秋の涼やかな風が吹き抜けるようなイメージで、空間を大きく作りつつ自然の間合いを意識して、
 もの寂しげな秋の雰囲気を表現しました。

講評
 投げ入れも水盤に生ける時と同じように、天・人・地の基本花型を大切にしましょう。
H26.9.13 芙蓉瑩心会 寺田.jpg  ④H26.9.13 芙蓉瑩心会 吉野.jpg