TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

ー秋草をいけるー 9月のテーマ

2016年9月15日11:33 |
  卒業生、保護者の方々対象のいけ花勉強会を9月10日(土)に実施いたしました。
  重陽の節句も過ぎて朝夕すっかり涼しくなりました。芙蓉祭もまじかです。参加の皆様も出品されますので張り切って練習されました。
<花材>
    野イバラ、リンドウ、ギボウシの葉
<小品花材>
    ケイトウ、ヒマワリ、ガーベラなど
青い実をたくさんつけた野イバラの枝。くねったり、からみ合ったりと独特の枝ぶりですので、いかに生かして、どういけ込むか個性の表れるところです。鮮やかな青色のリンドウと足元にギボウシの葉をそえて、初秋の風情たっぷりの作品となりました。
 同人受験用の作品、小品なども意欲的に練習しました。

次回のテーマ
 ー深まり行く秋をいけるー
 日時   10月22日(土)  13:30~15:00
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
  華道科  星美恵子  岩間佳子



中村佳世  卒業生 同人
花材名  ノバラの実 トルコギキョウ ギボウシ
花型  立体
生けてみて 
 ノバラのバランスが難しかったです
 アドバイス
 ノバラの動きや実の美しさを生かして、足元は葉物で引き締めましょう
nakamura1.JPG

中村佳世  卒業生 同人
花材名  ガーベラ
花型  小品花
生けてみて
 シンプルなので、ガーベラの動きを生かして生けてみました
アドバイス
 花器の面白さを大切に扱い、ガーベラはリズム感を出すための空間を作っていけましょう
nakamura2.JPG

渋谷真由美  卒業生 師範上級
花材名  ススキ リンドウ ユキヤナギ
花型   投げ入れ
生けてみて 
 同人試験の練習をしました 花材の留め方に注意していけました
 アドバイス 
 投げ入れは剣山を使わないで花をいけます 盛花と大きな違いはありません
 この作品は直留め(リンドウ ススキ) 折留め(ユキヤナギ)の留め方を行うと良いと思います
 花材を切る時は花器の内部に入る部分の寸法を加えたところで切ります
shibuya.jpg