TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

吟詠の歌 菅原道真「梅の花」

2016年2月22日13:45 |

「中学・高校時代の学校行事の思い出として印象深いものは何ですか?」
と卒業生に聞くと、答えの中に必ず修学旅行があります。

先週、高校2年生の修学旅行に同行しました。
鹿児島県から福岡県まで南北に縦断する4泊5日間。
初日から鹿児島県の錦江湾で幸運のイルカを見て興奮したり、熊本県阿蘇五岳の全景を見て自然の偉大さを感じたり、長崎原爆体験者の講話を聞いて涙を流したりと、実際に土地を訪れることで経験する様々な機会に恵まれました。
また、最終日には太宰府天満宮を見学しました。
あいにくの雨でしたが、境内にある「飛梅」という梅の木は、きれいな白い花をつけていました。
この「飛梅」には伝説があり、京の都から太宰府へ左遷された菅原道真公を慕って、都にあった梅の木が太宰府まで飛んできたと言われています。
その「飛梅」があったと言われる京都と奈良に、今週は中学3年生が研修旅行で訪問します。

生徒達は、このような体験ができるのも保護者の方のおかげと改めて感謝してほしいと思います。
そして、いろいろな経験に触発されて視野が拡がり、心身共に大きく成長することを期待します。

また、今回の思い出とともに、母校のこと、級友たちのことをいつまでも忘れずにいてほしいと願います。

                           校長 酒井 秀佳

H28.2.20 修学旅行 太宰府.JPG