TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

ひ と り ご と (3) 

2016年2月29日08:00 |
パリ、ルーブル美術館。南の回廊「ダリュの階段」を上がった踊り場で、この作品は出迎えてくれます。
今回の紹介作品は「サモトラケのニケ」。
 ギリシャ神話に登場する。勝利を告げる女神ニケの彫像です。
 私達は、登下校時に校舎前にあるこの女神に会えます。
キトンの薄いドレスをまとい、エーゲ海から吹く風を受け、たった今、天空から台座の表面に、そっと舞い降りた姿をしています。残念ながら頭部、両腕、足首はありませんが、1950年には欠損はあるものの、右腕が出土されています。全体の高さ5m半強あり、その大きさと迫力に圧倒され、しばらく呆然と見つづけた記憶が蘇ります。
 ギリシャ北東部、エーゲ海はるか内湾、トルコ国境に近いサモトラケ島(現サモトラキ)で発掘され、紀元前2世紀頃の作品です。ルーブルでは、1年余りの大規模な本体の修復と、階段改修工事を終え、昨年7月12日。「ニケ」は一新された本体と、踊り場空間全体が公開されました。新装となった「ニケ」との3度目の出逢いを楽しみにしよう。
 いいものに出会うと、自分の心をうつものがあるのは事実で素直に感嘆し、気持ちが集中してくることに気づきます。若い時に髙い芸術性をもった作品に出会う機会をつくるといいですね。 
      副校長 楠美 省三

ニケ_R.jpg