TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

ひとりごと (2)

2015年12月14日08:00 |

私たちは、学校内に美術館を持っています。3階のその部屋には日本画、洋画とエッチングが壁面に並び彫塑が数点、加藤(かとう) (ゆたか)『巣立ち』、細野(ほその)稔人(としひと)『母子』、(みなみ) 安廣(やすひろ)『妹'89』、矢野(やの)(ひで)(のり)『粧』等の作品が置かれている。作品の中に、北村(きたむら)西望(せいぼう)の小品が3点、個性的なその作品にはユーモアも感じられます。

この作家の作品は、近場では井の頭自然文化園(吉祥寺下車)に行けば見られます。長崎平和公園内にある『平和祈念像』は有名で、高校2年生は修学旅行で見ることが出来るでしょう。

校舎正面玄関のロビーには、浦山(うらやま)一雄(かずお)の『夢現(ゆめうつつ)』がある。落ち着いてゆっくり見ると、生きている人間の鼓動、温かさ、においが伝わってきます。校内にあるので、ゆっくり対話してほしいものです。

初冬の街へ出るなら、まずは上野。国立博物館内、高村(たかむら)光雲(こううん)の『老猿』と公園に立っている『西郷像』を見て、谷中の『朝倉彫塑館』へも足を伸ばしてほしい。朝倉(あさくら)文夫(ふみお)の代表作『墓守』の石膏原型を初めとして、『時の流れ』などの作品が心を暖かくさせてくれるでしょう。この作家の『大隈像』(早稲田大内)・『太田道灌像』(東京国際フォーラム内)ども、高校卒業までに一度は見ておいてほしいと思います。歴史を歩き、風物に遊び、技を知る、文化探訪するのもよいですよ。

遠出なら、大糸線『穂高』駅下車、線路沿いに歩くこと少し、『碌山(ろくざん)美術館』がおすすめです。

副校長  楠美 省三

 

美術館_R.jpg

         「将軍の孫」 北村西望 


玄関_R.jpg

         「夢現」 浦山一雄