TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

お知らせ

芙蓉瑩心会  1月のテーマ

2016年1月30日08:00 |
ー早春をいけるー
卒業生、保護者対象のいけばな研究会は、1月23日(土)にテーマ"早春をいける"で行いました。
<花材>
サンシュユ、チューリップ、スイートピー
<小品花材>
ムギ、アイリス、キンセンカ
寒さ厳しき候ですが、草木は季節の微妙な変化を感じて、芽吹きの準備をしています。
蕾の少しふくらんだサンシュユの花木、どの枝を主枝に持ってくるか、皆様、ちょっと苦心していました。
足元に赤いチューリップ、ピンクの可愛いスイートピーをいけると春を先取りの優しい風景ができあがりました。
小品練習は、麦を真っ直ぐに立てるとかキンセンカの花を平らにと、講師よりアドバイスを受けながら真剣に、そして楽しくいけていました。(岩間)    


次に、今回参加された方の作品をご紹介します。

岡本裕子(在校生保護者)
岡本さま_R.JPG 
花材名  ムギ スイートピー マーガレット
花型  立体  本勝手
 生けてみて
  春らしくなるように、星先生のアドバイスをいただきながら、ふんわりと可愛らしくいけてみました
 アドバイス
  春のひだまりを思い浮かべていけましょう   (星)

渋谷真由美(卒業生)
渋谷真由美_R.jpg
花材名  サンシュユ チューリップ スイートピー
花型  傾斜体  本勝手
 生けてみて
  枝の曲がりを活かすようにという先生のアドバイスを意識していけました
 アドバイス
  サンシュユは、主枝にふさわしい枝を選ぶこと
  太い部分を見せて大木を想像させ、強さを強調します
  切り落としの枝や葉は春の芽吹きの感じを出すように、足元に入れ大切に使いましょう  (星)

渋谷啓子(卒業生保護者)
渋谷啓子_R.jpg
花材名  ムギ アイリス キンセンカ
花型  立体   本勝手
 生けてみて
 ムギの生け方が難しかった
 キンセンカの生け方は天(太陽)に向かうように、生き生きといけました
 アドバイス
  ムギ アイリスは、伸びやかに
  アイリスの葉で作品に広がりをもたせ
  キンセンカは足元にふっくらと春の暖かさを表現していけましょう      (星)

次回のテーマは ー陽春をいけるー で  2月13日(土)  13:30~15:00です。
心のほっこりする花と向かい合いませんか?皆様のお越しをお待ちいたしております。  
                  華道科   星 美恵子     岩間 佳子