TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

卒業生への通信

卒業生の「いけばな」紹介

2013年10月23日11:01 |

東京女子学院では正課の中に特設授業「華道」を取り入れています。高校の卒業式では毎年、数名の生徒が
「華道師範」の免状と看板を取得していきます。
 中高6年間あるいは高校3年間で華道が大好きとなって、卒業後も華道授業の参観を申し出たり、土曜日の
「いけばなの勉強会」を受講する卒業生が何人もいます。
 そうした卒業生たちの作品を、随時紹介しています。
 

 

10月19日(土) 【いけばなの勉強会】        卒業生 道野早紀(2010年3月卒、上級師範)
 花 材  カンガルーポー  コスモス2013.10 芙蓉瑩心会②.jpg
 花 型  立体  本勝手

 生けてみて
秋の風が流れるように心して生けました。楽しく生けられました。
学校の華道室は心が落ち着きます。

 講評とアドバイス
コスモスは特に、秋風に揺れる様にいけると楽しいですね。形だけの美しさを狙った華道でなく、自然の有り様を写し取るようにいけるのが華道瑩心流です。     (岩間)

 

10月19日(土) 【いけばなの勉強会】        卒業生 吉野千瑛(2011年3月卒、上級師範)
 花 材  ハイビスカスの実  りんどう  ゴッドフィアナ2013.10 芙蓉瑩心会①.jpg
 花 型  立体  本勝手
 
 生けてみて
ハイビスカスの実の枝の曲線が綺麗に出るように、気をつけていけました。

 講評とアドバイス
赤いハイビスカスの実とりんどうの花の青の取り合わせですが、秋の気配を上手に表現できたと思います。(岩間)