TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

卒業生への通信

芙蓉瑩心会 10月のテーマ「深まり行く秋をいける」

2013年10月23日09:40 |

 卒業生やその父母を対象とする華道勉強会を10月19日(土)に行いました。

 深まり行く秋を表現する花材として、つやつやとして深い赤紫の実を付けた「ハイビスカス」(アオイ科)、青紫の花を咲かせる「りんどう」(リンドウ科)、斑入りの葉が美しい「ゴットセフィアナ」(リュウゼツラン科)を用意しました。

 「ハイビスカス」の枝振りをどう活かすか、「りんどう」とどのように組み合わせるのか、など思案しながらも、それぞれに個性的な作品が仕上がりました。また、「カンガルポー」と「こすもす」で小品練習もしました。

2013.10 芙蓉瑩心会 紅葉.jpg 皆さま、毎日忙しいスケジュールをこなされているようですが、今日は季節のお花に触れて、心落ち着くひとときを過ごされたようです。
 校庭の「アメリカハナミズキ」が紅葉し、「つくばねうつぎ」が秋色に染まってきました。時には懐かしい母校に、どうぞ足をお運びくださいませ。次回のテーマは、「冬の訪れをいける」です。11月16日(土)の13:00からとなります。皆さまのご参加をお待ちしています。

                               華道科 岩間佳子

 (写真上:アメリカハナミズキ、下:つくばねうつぎ)

2013.10 芙蓉瑩心会 秋色.jpg