TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

TJGグローバルレポート

オーストラリア留学レポート②

2018年4月23日10:00 |

A month has passed since I arrived in Australia. From before entering the country, the days of unexpected change continue. Originally I was worried whether I could adapt to it or I could not adapt and it was not easy to spend mentally and mentally and I could not spend fun, but gradually solved thanks to the warm family and senior international students. But of course it also comes across walls. In my case, there was a time when my family, senior international students gently comforted me, although I had a chance to cry from impatience and inferiority feeling due to the absence of listening abilities, I got involved in practicing. I was the moment I was left to these people at this time and I was determined to grow. For that reason, even if the listening ability still does not rise, I remember phrases in everyday conversation and remember what I can remember words.

Ironically, I have an allergy to English, I have been suffering from guilt when I got into a time when I do not improve but here it breaks down, because they support them, meaning of study abroad will be lost and overcome I'm seeking a law. `

オーストラリアに到着しはや一ヶ月が経過しました。入国前からは考えられないほどの変化の日々が続いています。当初はそれに適応できるのか、あるいは適応出来ず心身ともに辛くなり楽しく過ごせないのではないのかと不安を募らせていましたが、暖かなファミリーと先輩留学生達のおかげで次第に解けていきました。しかし当然壁に出くわす事もあります。私の場合、リスニング能力が皆無であることで、焦り、劣等感から泣きそうになってしまった時がありましたがファミリー、先輩留学生達が優しく慰めてくれた後に練習に付き合ってくれました。私はこの時この人達に委ね、成長していこうと決意が出来た瞬間でもありました。その為未だにリスニング能力が上がらなくても、日常会話のフレーズを覚えたり、単語を覚えるように出来る事を伸ばしています。

今現在は皮肉な事に英語アレルギーを発症してしまい、上達しない時期に突入してしまい罪悪感に見舞われていますがここで折れては彼らの支え、留学の意味がなくなってしまう為、克服法を模索中です。

DAさん