TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

TJGグローバルレポート

カナダ留学レポート2018* Ⅲ

2018年10月 3日08:08 |

カナダに来て、約2ヶ月が経ちました。

まだ9月なのに、朝はもう一枚上着が必要になるほど肌寒く、夕方にかけて暑くなるという、日本とは全く違う気象になっています。

今月は、現地校に通い始め、毎日バスを使うようになったり、生徒全員でキャンプに行ったり、プレゼンテーションをするなど、8月とはまた違った新しい環境で、いろんなことを学びました。

例えば、私が通っているstudio9は、小学生から高校生までの幅広い年齢層となっているのですが、普段の学校生活やキャンプでの動きを見たところ、とてもしっかりしているし、生徒全員が集まっての朝礼的なものでは、自分の意見を言う場面で、ほとんどの子が手を挙げて発言をしていて、とても驚きましたし、見習いたいと思いました。

今月の写真は、1920年から1930年までのフラッパーなどのプレゼンテーションの時のものです。

写真の通り、自分の課題に合わせて衣装を着ています。

これも日本にはないなと思ったのですが、更に役になりきって発表するということと、すべて暗記するということに関しては、ただただ驚きました。

結局、所々暗記できなくて紙を持ってプレゼンすることになったのですが、クラスメートたちが優しく見守ってくれたし、頷いてくれる子もいて、緊張したけれどとても楽しかったです。

それにプレゼンテーションだけで、こんなに新しいことができて、本当に貴重な体験をしているなと改めて思いました。



I spend about two month in Canada.

Although it is still September, its quite chilly in the morning and it is a totally different weather from Japan that it get hot in the evening.

This month, I began to attend a local school and learned various things in a new environment different from August.

For example, at the school where I attend, everyone was speaking at the meeting and very active, so I wanted to learn.

The picture of this month is a presentation of such as flapper from 1920s to 1930s.

In this presentation, I wore costumes according to my subjects, announced it with a lot of usefulness, and all new things for me,

At the time of presentation, I was very nervous, but my classmates gently watched over, so I was able to finish with a good feeling.

And I thought again that I was able to do such a new thing just by presentation and I am really gonna have a valuable experience.

 カナダ1年留学 Mさん


can_m1.jpg