東京女子学院

  • 交通案内
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • 受験生・保護者の皆さまへ
  • 在校生・保護者の皆さまへ
  • 卒業生の皆さまへ

主要5教科の教育方針

少人数制、多彩な授業で広がる 未来。

10代は人生を花開かせるための基礎力を培う時、さらに、才能や個性を発見し伸ばしていく上で最良の時期です。より多くのチャンスとトレーニングを提供する、独自のシステムを構築。 感性を研ぎ知性を磨いて「考えつつ学び」「学びつつ行い」「行いつつ考え」生きる、教養豊かな女性に育てていきます。

英語
独自の教育システム
担当:稲葉昭一
大学進学を見据えた基礎力充実の面では、オリジナルのプリントを活用してアチーブメントプログラムを行っています。また、授業よりさらに高いレベルの内容に対応するためには、問題演習形式のプログレッシブプログラム(大学入試問題使用)を行っています。
本校ならではの英語指導として、学年の枠を取り払っての全校一斉授業があります。これは、英語検定を中心にした習熟度別授業を週1回、1時間おこなうもので、生徒にとってよい刺激になっています。一人ひとりの学習状況を把握するための「進度カルテ」も進学に向けて個別に指導を考える際の重要なアイテムです。ネイティブの授業も教科会議での打合せに基づき日本人教員とのTTでおこなうもので、気軽に質問しやすい雰囲気作りを行いながら、大学受験に向けてリスニングやディスカッションにしっかり対応していきます。
英語カリキュラム表
国語
国語
担当:須賀恵美子
高2「現代文演習」と高3「国語演習I、II」では、大学入試の過去問題を使い受験に必要な事項の確認や答案作成法について勉強します。
授業の中で受験対策が講じられるのは受験生にとって嬉しいことではないでしょうか。古文の単語や常識、また文法については毎時実施する小テストを活用して確実に身に付けられるようにしています。
国語カリキュラム表
数学
数学
担当:山口裕子
大学入試センター試験に向けた対策はもちろん、本校の進路として多い薬学・医療・看護向けの対策など各人の希望進路に応じた指導を展開します。
難関校に挑戦する生徒については、授業に加えプログレッシブプログラムや講習などを通じて実力アップを図ります。
数学カリキュラム表
社会
社会
担当:平野郁久子
朝のアチーブメントプログラムでは、教科書を確実に理解するためのプリントを用意し、個別に添削指導と理解確認を行っています。教科書を確実にできれば、地歴でも公民でも大学受験における基礎力が養われると考えております。初めは教科書を見ながら解く者、何も見ないで自分の力を図る者など利用の仕方はさまざまです。定期考査の対策も同時に行えるため、テスト前はその場ですぐ解き、添削を希望する者が多数で、受験勉強へのはずみにもなっています。また、放課後のプログレッシブでは大学入試問題の解法も含めた高いレベルの指導を行い、確実な復習と理解が求められています。高校3年次に行われる演習形式の授業でも、多岐にわたる受験指導を行います。
社会カリキュラム表
理科
理科
担当:藤石正純
文系理系とも理科の必修は、高1の「物理基礎」「化学基礎」と高2の「生物基礎」です。理数系大学を志望する生徒は、高2・高3と「化学(理系必修)」を通して履修します。栄養系・看護系を目指す生徒も履修できます。国公立のセンター入試や私立の一般入試対策としては、高3で「物理(選択)」「生物(選択)」いずれかと、「化学演習(選択)」「生物演習(選択)」のいずれかを履修して、大学受験に備えます。
近年「理系女子」と呼ばれ女子の理系志望が増えていますが、本校では医歯薬系・理工系・看護系・栄養系を目指す生徒が以前から多いため、理数系大学進学に向けたカリキュラムを充実させてきています。中1からのアチーブメントプログラムで理科理解の下支えを図り、高2からのプログレッシブプログラムでは理系受験に特化した高いレベルの指導を展開しています。
理科カリキュラム表
東京女子学院
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-16-11 TEL:03-3920-5151(C)TOKYO JOSHI GAKUIN all right reserved.